アンタッチャブル柴田

今日5月7日に発売された『週刊女性』で驚きの情報が飛び込んできましたね。お笑いコンビ「アンタッチャブル」の相方の柴田英嗣(40才)の元妻と人気歌手グループ「ファンキー・モンキー・ベイビーズ」のファンキー加藤(加藤俊介)(37才)“W不倫”が発覚したと報じられました。

 

 

この突然の報道にアンタッチャブル柴田さんは心臓飛び出るくらいびっくりしたでしょう。この後にファンキー加藤が謝罪会見を開いて釈明した後、アンタ柴田さんと話し合いをしたそうなんですが、この時の柴田さんの取材時の神対応が素晴らしいと話題になっているんです。

 

 

また、ネット上では「アンタ、あんたの器広いね!感動した!」や、「取材を見てたら柴ちゃんの好感度がアップした」とか「アンタ柴田の神対応がハンパない!」、「アンタ柴田さんの対応がイケメン過ぎwww」など、囲み取材時の周囲への気遣いと大人な対応が素晴らし過ぎると、アンタッチャブル柴田さんへの評価が凄いことになっています。

アンタッチャブル柴田の神対応が素晴らしい!

後日、ファンキー加藤とアンタッチャブル柴田さんで今回のトラブルについて面と向かって話し合いが行われたようですが、この時「柴田さんは感情的にならずに、終始冷静にファンキー加藤の話に耳を傾け、色々と話しをしてくれた」と大人の神対応をしてくれたようなのです。

 

 

普通の人だったら、いくら別れたといっても自分の嫁を寝取られるのって、絶対に腹が立ちますよね。しかもアンタッチャブル柴田さんとファンキー加藤さんはなんと友人関係だというじゃないですか!

 

 

【前代未聞のW不倫トラブル!】

 

 

だったらなおさら、友人に寝取られるのってのは相当複雑な気持ちになってしまいますよ。当然に相手を信用できなくなり、関係も一気に途絶えるでしょう。もし自分がこういう事をやられたとしたら、こんな神対応なんて絶対できる自信はありません。

 

 

しかし、柴田さんは相手を罵るようなことは一切せず相手や周りを気遣うように話し合いの時も「加藤ちゃん」と友人らしく愛称で言っていたり、「今回の出来事を機に相手がもっと大きく成長していってほしいという気持ちを持っている」などを話していましたね。アンタ柴田さんは取材時は最後までずっと笑顔で受け答えしていたそうです。

 

 

凄く冷静に、それなのに相手やその家族、そして元妻や子供を気遣う心の広さ。こんな怒りの感情が出てもいい状況なのに、終始穏やかに相手や周囲を気遣う思いやりの凄さは普通の人にはできないことですよね。素晴らしすぎます!

柴田の妻の離婚の原因は今回のW不倫だった

アンタッチャブル柴田さんの妻とは去年の5月に離婚が成立したそうです。そのW不倫トラブルのきっかけとなったのは、離婚する1年半ほど前の加藤さんの後輩が開いた飲み会で柴田さんの元妻と知り合います。

 

 

そこからお互いに頻繁に会うようになってからファンキー加藤さんが、元妻を「一人の女性として魅力を感じていった」と言っていることから徐々に不倫関係まで発展していったのだとか。これがW不倫トラブルの始まりですよ。

 

ファンキー加藤さんが「僕から声をかけました」と自ら不倫を持ちかけた事を認めています。でもいくら声をかけられたからといっても、それを受けた方の嫁も嫁です。

 

 

すでに結婚してるんだし、子供もいる身なんだから普通はきっぱりと断るはず。それが自分の感情に任せて相手の誘いにホイホイついて行っちゃうってのはあり得ないでしょう。

 

 

こんな元嫁でもしっかりフォローしているあたり、柴田さんは人がいいといいうか、出来た人だなぁ~って思いましたね。

今回のまとめ

ファンキー加藤さんは囲み取材時に、今回の出来事の全ての問題は全部自分にあって、こんな状況にした社会的責任は誠心誠意をもって償っていくということで全面的に非をに認めていますが、アンタッチャブル柴田さんはお互いの関係をギクシャクしない方向で進めるという気持ちを持っているみたいですね。

 

 

実際アンタ柴田さんも番組収録後の取材時に「奥さん(相手側)を責めても子どもいるし、かわいそう。おのおの反省してもらって。俺も怒ったし、悲しんだよ」と、自身の心の内を打ち明けましたが、あくまで相手を責めることをせずに淡々と語っていました。

 

 

これからしばらくはアンタッチャブル柴田さんへの取材時も、今回の件に関しての話が振られることと思いますが、彼ほどの強烈な精神力を持った方はちょっとやそっとのトラブルじゃへこたれないでしょうね!

 

 

今までは「アンタッチャブル」としてコンビでザキヤマさんとのコントはずっと見れてないんですけど、柴田さんが芸能界でもっともっと飛躍していってほしいと思います。最近は動物関連の番組で活躍されているそうなので、こちらも見てみたいですね。