汗っかきの人には辛い夏場。じっとしてるだけでも汗はだらだら吹き出して、シャツはびしょびしょ、体にベタベタ~っと張り付いて気持ち悪いですね。

 

ここで気を付けたいのが、“あせも(汗疹)”です。

 

一般的な肌トラブルとして「あせも」の対処法があちらこちらで載っていますが、ここでは別の方法を使い、3つの対処法だけで行う予防法と治し方を教えます。

スポンサードリンク

あせもになる原因

あせもには大きく分けて3種類あります。症状の低い順から

  • 水晶様汗腺:白いあせも
  • 紅色汗疹:赤いあせも
  • 深在性汗疹:神経の領域まで進行した赤いあせも

赤いあせもになると、医療機関で診てもらったり、ステロイド外用薬などで処置をしなければなりませんが、白いあせもでは適切に対処していけばかなりの頻度であせもに悩まされることがなくなります。

 

あせもになる原因は、汗をかいたらこまめにタオルで拭かずに放置して、そのまま放置すること。

 

汗をかいて、放置していると肌にべたついた汗の成分がまた皮膚の中に浸透してしまいます。そうすると皮膚の表面に炎症が起きてしまい、痒くなってしまいます。

 

皮膚表面には無数の汗腺が密集していて、ここに噴き出た汗がもう一度皮膚に浸透する、大量に汗が出ている時は浸透した汗が汗腺の“蓋の役目”をしてしまい、新しい汗が外に出られずに皮膚内に染み出す。

 

こうなることで、汗腺周りの皮膚組織に水膨れや炎症を起こします。これは「白いあせも」といいます。汗を拭かずに酷くなると、かゆみを伴う赤いブツブツができたりします。これは「赤いあせも」です。

 

こういうあせもに一度なると、とにかく痒い!

次にこうならないためにどういう対処をしたらいいか3つの予防法を教えます。

3つの対処だけで治るあせも予防法

では、どういう対処をすれば辛いかゆみのあせもを予防することができるのか。非常に簡単です。一切お金がかからないし、一切面倒でもありません。そこに今あるもので十分です。

 

必要であれば、その後の予防に“制汗剤”や“速乾Tシャツ”などを購入すると、より効果的です。

  1. 入浴時にやわらかいタオルに石鹸を付けて体を洗う
  2. かゆい部分に冷水シャワーを当てる
  3. 冷水シャワーが苦手な場合は43~45°程度の若干熱いぐらいの温水シャワーを当てる

この3つです。

1.入浴時にやわらかいタオルに石鹸を付けて体を洗う

一番効果的なのが1番の「入浴時にやわらかいタオルに石鹸を付けて体を洗う」です。

 

入浴時に体を洗いますが、その時に使うタオルは目の粗い“ナイロンタオルを使っていると思います。これは皮膚表面の垢を落とし切るにはいいかもしれませんが、肌を傷つけることにもなっているので、お勧めできません。

 

よくゴシゴシ擦り付けて洗っている方も多いと聞きますが、これをやると肌を傷つけるどころか、角質が剥がれすぎて、肌がかさついたり、色素沈着、いわゆるシミの原因を作ってしまいます。

 

肌表面はデリケートなので、ナイロンタオルで洗うのはもはや厳禁なのです。

 

そこでやわらかいタオルに石鹸を付けて滑らかに体を洗うことをオススメするんですが、これでも十分に汚れは取れているんです。同時に皮膚表面は傷つかないので、あせもの大きな原因である肌荒れも完全に予防することができます。

2.かゆい部分に冷水シャワーを当てる

次に2番の「かゆい部分に冷水シャワーを当てるです。

 

これは、あせもで痒い時、またはあせもの原因を作らない効果的な方法なのですが、あせもで痒くなったときは、無性に掻き毟りたくなりますが、これをやると余計に症状がひどくなってしまいます。

 

なので患部が痒くなったときは、そこに冷水シャワーを当て続けるのです。そうするとあせもでできたかゆみは、スッと収まります。すぐに症状が治まるし、非常にオススメな治し方です。

3.若干熱めの温水シャワーを当てる

そして最後に、3番の「冷水シャワーが苦手な場合は43~45°程度の若干熱いぐらいの温水シャワーを当てる」ですね。

 

これは、2番の冷水シャワーを当てることと同じなんですが、冷水シャワーが苦手な方もいると思いますので、逆に温水シャワーを当てるのも意外と効果的だったりします。

 

ただし、温水シャワーを当てる温度は自分が「ちょっと熱いかな」程度に抑えておいてください。あまり熱すぎると、やけどする恐れがありますから。

 

ここで面白いのが、温水シャワーを当てると、かゆみよりも“熱い”という感覚の方が勝ってしまい、“痛気持ちい”感覚に襲われます。それと同時に痒みも収まります。

 

ただし、温水シャワーは一次的な使用に留めて下さい。あまり日常的に行うと、肌荒れを悪化させてしまします。温水シャワーをした後は、冷水シャワーを当てて冷やしてください。

4.風呂上りは体全体に冷水シャワーを当てる

風呂上りには、体全体に少し冷たいぐらいの冷水シャワーをまんべんなく当てて、汗の原因を作らないように体の温度調整をして上がってください。

 

基本的に風呂内だけで、あせもの原因を作らないようにすることができるので、オススメですよ!

今回のまとめ

汗っかきの人にっては汗だくになる夏場は、あせもや痒みの原因になるので、とっても悩ましい問題ですが、このような予防法や治し方を知っているだけで大分症状に悩むことがなくなると思います。

 

私もあせもやかゆみで色々と悩んできたんですが、基本は汗が出てきたらこまめに汗を拭いて体を清潔にする。

 

そして、汗が出てきても体があせもに簡単に反応しないように、入浴時にやわらかいタオルで皮膚を傷つけないよう滑らかに滑らせて洗う。これをやっただけであせもに悩むことが殆どなくなりました。

 

なので、もしあせもや痒みで悩んでいる方はここで紹介した対処方法であせもの治し方をやってみてはいかがでしょうか。