夏になると蒸れて足が臭くなったり、冬は冬で一日中ブーツを履き続けるとやっぱり足が臭くなる・・・。特に汗っかきな人ほど足の臭いに悩まされる人はいませんよね?

 

 

外で汗を流す仕事をしている人は、どうしても足が臭くなります。足が臭くなるたびに、風呂場で念入りに足をゴシゴシ洗ったり、専用の消臭クリームや、消臭スプレーなど使ったりしていました。でも、そういう対策をしてもなかなか取れない時ってあるもんです。

 

 

そういう人のために「木酢液」という専用のフットケア製品がありますが、それも1~2年経ったらいつもの悪臭に逆戻り。「ひょっとしたら自分“水虫”なの?」って思ってしまいます。

 

ここまでやっても臭いが消えなかったらどうしたらいいのか。もう八方塞がりになってしまいますよね。でもそんな人でも諦めることはなかったんです。最強の足の臭い消しアイテムが実は身近にあるんです!

 

それが、殺菌と消臭効果が抜群“ミョウバン水”なんですね。これホントに効き目凄かったんです!

スポンサードリンク

足の臭いの原因は汗と角質

常在菌にとって足の裏は最高の餌場

足が臭くなる主な原因は角質なんですが、足の裏は特に皮膚が厚く、剥がれることでになります。その垢は白癬菌やその他もろもろの雑菌、バクテリアの格好の餌場になります。

 

 

そこに皮脂腺から出る皮脂が混じると、いや~なにおいが漂っちゃうんです。臭いがひどいときはまるで“うんこ”みたいな悪臭になります。

 

 

人によって多少の違いはありますが、1日でかく汗の量は大体コップ1杯ほどといわれていま。夏場だとコップ1杯以上はかくのではないでしょうか。冬の日でも意外と大量に汗をかくんですよ

 

 

また、人はストレスを感じた時に足の裏では大量に汗を流してしまいます。でも実は足の裏の汗自体は無臭なんです。

 

 

そうなった時に靴下を変えたり、汗をこまめに拭き取ったりすれば問題はないと思うんですが、そういう対策をせずに、かいた汗を放置していると、いよいよいくら洗っても臭い臭いが取れなくなってしまうんです。

 

 

 

一番いいのは仕事だろうが家で寛ろごうが日常の全てを裸足で生活すれば解決するんですが、まあ難しいです。そこでおすすめなのが、これから紹介する【ミョウバン水】です。

ミョウバン水の力!ひどい臭いが無臭に!

ミョウバン水があれば、どんなに悪臭漂ううんこ臭い足だろうが、シュッシュッと振りかければ、瞬く間にひどい悪臭が消えてしまいます!

 

ところで、ミョウバンって何か知っていますか?

 

ミョウバンは硫酸カリウムアルミニウム(12水和物)のことで「カリウム鉄」と「アンモニウム鉄」、「アルミニウム金属」など主に金属イオン系が硫酸塩として結合された複塩のことです。結局、金属成分が入ったですね^^

 

 

温泉地ではよく黄色い塊湯の花が見受けられますが、あれはミョウバンの原料になります。また、ミョウバンはいくつか種類があり、こちらで取り上げているのは、ただのミョウバン。食品添加物として利用できるカリミョウバンというものもあります。

 

 

ミョウバンは優れているのは【強力な殺菌作用】、【強力な消臭効果】、【制汗効果】。この3つです。いや~な臭いを撃退する為だけにあるような代物ですね。

 

【その3つの効果とは?】

  • 強力な殺菌作用
    ミョウバンは水に溶けると酸性になります。雑菌は酸性になると生きていけないので、結果として汗をかいても、くさい臭いは発生しないという事です。
  • 強力な消臭効果
    これは足の裏にしつこく纏わりついている“うんこ”みたいな「酢酸」や「イソ吉草酸」、「アンモニア」等の臭いそのものを消臭する作用です。ミョウバンに含まれている様々な金属成分による酸化還元反応によって臭い成分が分解したり、中和されたりして消臭されるんです。
  • 制汗効果
    ミョウバンは制汗作用があります。つまり強制的に毛穴を閉じさせ、汗を抑える働きがあるんです。実はミョウバンの収れん作用については、どうしてこうなるのか様々な説が言われているんですが、未だに研究段階でも分かっていません。

 

その効果は市販の消臭スプレーと比較しても引けを取らないどころか、効果てきめんでした。しかも安い!100円で買えますよ!

 

 

足のにおいが消えるまで毎日繰り返し使うことで、徐々に足の悪臭レベルが下がってくる人もいるそうです。多分これは、収れん作用による制汗効果が持続的に発揮されているのではなかろうかと考えています。

スポンサードリンク

ミョウバン水を作って悪臭対策!

効果が分かったら、早速ミョウバン水を作ってみます。作り方は簡単です。

 

用意するミョウバンは何でもいいです。100円のミョウバンで十分です。近くの100均屋に行ってミョウバン、そして携帯で持ち運べるように、小さなスプレー容器も買っておくといいです。それと1.5リットルの空のペットボトル。これだけ。

ミョウバン水の作り方

  1. 100円のミョウバン(50g)を空のペットボトル(1.5リットル)にいれます。
  2. その中に水道水1.5リットル入れます。
  3. 蓋をしてよく振ってください。※どうしても解けない場合は、1日待ってからまた振ってください。
  4. 出来上がり。

 

もう一つ“焼きミョウバン”での作り方も載せておきます。焼きミョウバンは食品添加物としても使われています。

 

焼きミョウバンの作り方

  1. 焼きミョウバン(50g)を空のペットボトル(1.5リットル)にいれます。薬局やスーパーなどにあり(2~300円程度)。
  2. その中に水道水1.5リットル入れます。
  3. 2~3日程度放置。結晶がすべて溶けて透明な液体になればOK!
  4. よく振って出来上がり。

 

さらに消臭効果を高めたい場合は、水道水の代わりに濃度の濃い緑茶を入れるとカテキンとの相乗効果も相まって一段と消臭効果が増します

 

出来上がったものは原液となるので、別のスプレー容器に入れる際は、足の臭いの程度や肌の強さに応じて、おおよそ「20~50倍」に薄めて使ってください。

 

※原液を薄める場合は、必ず水道水を使ってください。塩素が入っていないミネラルウオーターなどは、ミョウバン水の腐敗が早まる可能性があります。

ミョウバン水の保存方法と使用期限

100均屋で買った安いミョウバン水は1~2週間程度で新しいものと交換したほうがよさそうです。もちろんガンガン消臭に使えばすぐになくなりそうですけど^^

 

 

冷蔵庫で保存して、大体1か月持てばいいほうですね。もっと長く保存したいのであれば、市販のちゃんとしたミョウバンを買うといいです。薬局やスーパーなどで“焼きミョウバン”として売っています。

 

【保存期間】:冷蔵庫で保存

  • 100均のミョウバン水:1~2週間程度(1ヶ月でも大丈夫)
  • 焼きミョウバンなど:1ヶ月程度

悪臭がひどい時にはミョウバンを直塗り!

ミョウバン水は原液を薄めて噴霧しますが、毎日やってもそれでもなお悪臭が取れない場合は、すり潰したミョウバンの粉を直接足に塗りこんでみるといいです。これをやってみたら、仰け反るくらい高レベルの悪臭でも臭いが消えたという人がいました。

 

 

ただし、肌の弱い人はやらないでくださいね。足と肌とでは皮膚の強さが違うので、肌でやったら炎症の元となる可能性がありますから。

ワキガの超臭い悪臭でも効果あり!

ミョウバン水はワキガでも効果があります。

 

 

ワキガに悩む人はいっぱいいるんですが、どうやってもワキガの“ツ~ン”と来るあの刺激のある酸っぱい臭いはたまりませんよね?

 

 

そんな人も、このミョウバン水はとってもおすすめなんです。1度使ってみてください。その効果にとっても驚くと思いますよ!

今回のまとめ

どんなに足元を清潔にしていても、靴下を履いて靴を履けば、どんな人でも足が蒸れてしまい、雑菌が繁殖して悪臭が漂ってしまいます。デオドラント石鹸なども試すが効果はその時だけ。

 

でも、ミョウバン水ならきつい悪臭もその場で消えるし、安く作れるので経済的!これほど万能なデオドラント対策グッズは他にないでしょう!

 

 

足の悪臭が消えたなら、同時に靴や靴下にも臭いや雑菌がいるので、徹底的に除菌してください。せっかく足の裏の悪臭が消えたのに、靴や靴下が臭いまんまだったら、悪臭対策した意味がありませんからね。