もうすぐクリスマスですね!

 

街中にはそこらじゅうにイルミネーションが点灯して、デパートや公園などには大きなクリスマスツリーが飾られて雰囲気満点になりましたね。

 

家族で過ごす方もいれば、恋人同士で楽しく過ごされる方もいるでしょう。そんなイベント満載のクリスマスでどんな方でも楽しく過ごす方法を紹介します。

スポンサードリンク

主婦もホームパーティーで楽しく!

クリスマスを部屋に飾って幸運のサンタさんを呼び込もう!

クリスマスツリーを飾る!

家庭の中でもクリスマスといえばクリスマスツリーを飾る!これは絶対に外せないですね。

 

という事でまずは、100均の小さいクリスマスツリーでもいいので飾りましょう!これがないとクリスマス気分が感じられませんからね。

 

これだけで家の中の雰囲気はがらりと変わります。特にお子さんがいる家庭では、子供と一緒に飾ると楽しくなりますよ!

 

サンタクロース、キャンディー、玉、ベル、靴下、星、など好きな所に飾ればOK!

 

比較的大きなクリスマスツリーが飾れれば雰囲気抜群で楽しいクリスマスが堪能できますが、最近では100均でも沢山の商品が売られていますので、いっぱい買ってきてもいいですね。

クリスマスに楽しい料理を準備しよう!

料理はやっぱりチキン。 鳥の竜田揚げ、味付けは、ニンニクショウガをすりおろしみりん醤油に付け込んで、片栗粉を付けて油でカラリと揚げればOK!

 

冷凍のフライドポテトも揚げて、大きな白いお皿に鳥の竜田揚げとフライドポテトを盛りパセリとレモンを添えればキレイでボリューム満点!

 

水菜と大根のサラダ、水菜と大根を食べやすい大きさに切り、これを混ぜ合わせて上に鰹節とシラスをトッピングする。

 

ドレッシングは、胡麻ドレッシングや和風ドレッシングが合うと思います。 フランスパンのピザ、フランスパンを斜めに切り、その上にピザソースを塗り、ベーコン・玉ねぎのスライス・ピーマンの輪切り・とろけるチーズをのせて、オーブントースターで焼けば出来上がり。

 

クリームシチュー、ジャガイモ・ニンジン・玉ねぎ・しめじ・ブロッコリー・鶏肉でルーは市販の物を使えば簡単で安上がり。

 

ケーキは子供が小さい時には、キャラクターや動物などの好きな物をケーキにしてくれる『アン』を購入するといいですね。これを使うだけで子供たちは大喜びですよ。

 

キレイにかわしく出来上がるので、子供たちも食べるのがもったいないと言ってくれるかもしれません。 手作りで家計に優しいでも楽しいパーティーになると思います。

スポンサードリンク

子供に送るプレゼントはこうやると喜んでくれる!

子供がまだ小さい頃は、本物のサンタクロースがいると信じていると思います。私もそうでしたが、サンタクロースからのプレゼントを楽しみに待っているので、子供にサンタさんからのプレゼントは何がいいか「サンタさんに手紙を書いてみたら?」とか言ってそれらしく聞いてください。

 

そして欲しいものが分かったら、家族で楽しいパーティーをした後に、寝る前に靴下と手紙を枕元に置いて、寝るようにすればいいですね。っていうか、このやり方は昔からある定番の方法ですが、今でも結構子供には喜ばれるやり方なので、非常におススメですね!

そうやって次の朝に、枕元に前から欲しかったサンタさんからのプレゼントがあるのを見つけたお子さんは、びっくりして慌てて起きてきて、大喜びすること間違いなしです!

 

我が家も2人の娘がいますが、今は2人とも成人していますが、小学校の低学年までサンタクロースからのプレゼント楽しみに待っていたので、大喜びしていた2人の笑顔は今も覚えています。

 

お子さんはある程度の年齢まではサンタさんを信じるみたいなので、是非試してみるといいですね!

恋人と素敵なクリスマスを過ごすアイデア

私のオススメは、兵庫県神戸の六甲山の夜景を見に行くのがオススメです。

 

カップルと行くクリスマスのイベントに行く定番といえばイルミネーションのスポットや、おしゃれなレストランでの食事、そして海や山の夜景で過ごすひと時。

 

こういう場所はやはり人気のスポットで、夜景の明かりがピカピカしてとてもキレイだったり、その雰囲気は安らぎをもたらしてくれてムード盛り上がります。

 

これらの場所は恋人たちでいっぱいですですが、そおいう場所でこそお互いにプレゼント交換なんてしたらお互いの距離は一気に近づきます。帰りは落ち着いたレストランでゆっくり食事をしてクリスマスを過ごすのがベストかな。

今回のまとめ

いかがでしたか?色んな人がそれぞれなクリスマスを過ごしますが、たまには去年とは違った感じで過ごすと、また新しい楽しみが出来てくると思います。

 

一年に一度しかないクリスマスこそ、普段の疲れを癒す意味で思いっきり楽しむのもクリスマスの楽しみ方の一つではないのかと思います。