dandysakano1

ダンディ坂野と言ったらもちろん、「ゲッツ!」ですね!

 

逆に「ゲッツ!」といえばダンディ坂野というぐらい代名詞です。ていうか芸人としてはたぶん致命的なぐらいネタを持っておらず、あるテーマから始まるダジャレを連発して、最後に苦し紛れに言う「ゲッツ!」がネタ芸としては唯一です。

 

結構シュールな展開で進んでいくんですが、意外に笑えたりするところが、ダンディ坂野さんの持ち味なんでしょう。

 

そんなダンディ坂野さんは、いかんせんネタがい1個しかない“一発屋芸人”寄りだったので、話の方は得意でなかったので、売れた勢いは良かったのですが、やがてその人気も落ちていきましたね。

 

ダンディ坂野さん。今はテレビの何かしらのコーナーで、ごくたま~に出演してるの見かけるくらいになってしまいました。その日以外はどんなことして、どんな生活をしているのか、気になってしまいます。

 

今回は、ダンディ坂野さんのことについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

ダンディ坂野さんの今

ダンディ坂野さんは、当時ブレイク中にもかかわらず、自分の中では「お笑いブームで残れないのは分かっていた」といい、「ブレイクした時点で僕のやることは終わった。今後は一発屋芸人となろう」と心の中で思っていたそうです。

 

でも、ダンディ坂野さんの芸風は正直つまらない人もいるかもしれないけれど、他のネタは一切やらず「ゲッツ!」1本だけで続けてきたのは正解だったかもしれませんね。彼が所属している事務所は「サンミュージック」です。ベッキーも事務所の一員ですね。

 

今はダンディ坂野さんは表立って見る事はないですけど、実は意外と「サンミュージック」稼ぎ頭だったりするんです。なんでかというと彼は今もコンスタントにCM出ていて、というか引っ張りだこだからです。

 

ブレイクした当初から、CM出演していて、当時は4社ほどあったんですが、2012年からは倍の8社と契約しています。今現在も変わらず色んな企業のCMに出ていたりしています。

 

これほど長期にわたってメディアに出ている一発屋芸人はほとんどいませんね。ダンディ坂野さんはその中の1人です。まさにお笑い界のCM王者ですね。

 

ダンディ坂野さんは今も忙しくメディアの世界に生きていますよ。

ダンディ坂野さんの気になる年収は?

いくら一発屋芸人といえどもこれだけ長くCMに出ていると、CM出演料としては相当もらっているはずです。実はダンディさんはCMの他にもアニメやテレビドラマ、映画のチョイ役で頻繁に出演しています。

 

これらの出演料なども合わせると、年収はそこらの人気タレントの年収と変わらないぐらいの額をもらっているのは目に見えてわかりそうです。いろいろと調べてみると2011年は「月収270万円」を稼いでいたと言っていましたが、今現在もその額を安定的に維持しているようです。

スポンサードリンク

彼は堅実化でもあり、稼いだお金はあまり使わず、そのほとんどを貯金しているそうです。彼の周囲にも貯金を進めているようですよ。やっぱり自分が“一発屋芸人”だということを、しっかり受け止めていたからこそ、将来のことを見越してやってきた結果です。

 

地方の営業も入れると、年収は約3000万円以上あるみたいです。

 

一発屋芸人と本人も言っているし、周りの一発屋芸人は一度ブレイクしたら本当にお笑いの世界から消えていくし、なのになぜ彼がここまでメディアに出続けられるのか不思議に思います。

dandysakano2

ダンディ坂野さんは芸風や人柄を見てると分かると思いますが、ネタを披露するときも、つまらないけどあまり周りを不快にさせないネタばかりで憎めないところがありますよね。なんか好感が持てるというか。

 

人柄だってそうですね。周りを気づ付けたりするような言動とかは今まで見たことなくて、自分の弱いところは包み隠さず自虐ネタみたいに暴露しているし(笑)

 

そういう謙虚な人は、やっぱり周りからも好かれる存在になっていて、彼にとって嬉しかったり、楽しい事柄が自然と寄ってくるんです。

ダンディ坂野さんはもはや一発屋芸人ではない

dandysakano3

お笑い界のトップスターとまでは行ってないですが、でもここまで水面下で長期的に売れ続けると、もはや一発屋芸人とはいえないぐらいになりましたね。

 

本人はいまだに「ゲッツ!」しかできない“一発屋芸人”というとこを言っていますが、私に言わせればただのCM王者です。

 

そして、メディア界になくてはならない隠れた名脇役ですね。(笑)

今回のまとめ

ダンディ坂野さんは、芸は全くつまらないけど、どこか憎めない存在。それが彼が芸能界などのメディアの世界で今も生き続けられた一つの成功例ですよね。

 

ゲッツ!」という単純な言葉であるけれど、今もその言葉がどこかで使われ続けて、廃ていないというのは凄いことですね。

 

そして黄色いタキシードで明るいイメージがあるのも好印象を与えている要因かもしれません。

 

これからどこまで「ゲッツ!」1本でやり続けていけるか見守っていきたいですね。