garejji_02

ガレッジセールといえば、「笑っていいとも!」や、「ワンナイR&R」という2000年から2006年までフジテレビ系で放送されていたお笑い番組にレギュラー出演したことがきっかけで、全国的に世間に知られるようになったお笑いコンビでした。

 

ガレッジセールの二人の立ち位置はゴリが「ボケ」、そして相方の川ちゃん(川田広樹)は「ツッコミ」という立ち位置です。

 

ガレッジセールのお二人は地元の沖縄では今でも非常に人気が高いそうです。

 

ガレッジセールといえば、ほとんどの方が「ゴリ」さんをイメージするかと思いますが、彼はキャラクターがとても濃いので、どうしてもゴリさんに注目が行ってしまうのは仕方がないかもしれませんね。

 

しかし、あまり注目されませんが実は相方の川ちゃんの方が、結構面白いキャラとして仕上がっているんではないかというぐらい、天然っぷりを発揮していました。

スポンサードリンク

川ちゃん(川田広樹)は天然キャラ全開!

garejji_03

相方の川ちゃんは、傍から見ると真面目で大人しそうな立ち位置なのに、漫才を披露しているときも的確なツッコミで楽しませてくれているので、見る側のイメージとしてはとても天然キャラだとは思わないですよね。

 

でも相方のゴリさんや、吉本の芸人仲間の間では彼の天然エピソードがとにかく凄くて面白いらしいんです。

 

では、川ちゃんの天然エピソードはどんな話なのか、ここに書いてみることにしました。

1:鉄道を止めるために手を挙げて止めようとした

ガレッジセールとして2人が東京に上京することになったんですが、その当時は彼の出身地である沖縄県にはまだ鉄道がなくて、移動手段としてはタクシーをよく使っていたそうです。

 

当然東京にはタクシーもあれば電車なんかも普通に走っていたんですが、その当時は彼らは電車の切符の買い方もわからなければ、苦心してようやく切符を買ったのは良かったのですが、今度は電車の乗り方が分からなかったらしく、向こうからやってきた電車に乗りたいがために、その電車に向かってタクシーを止めるみたいに、手を挙げて止めようとしたらしいです。

 

ちなみに相方のゴリさんも鉄道の切符の使い方が分からなかったらしく駅員さんに「君は何を言ってるんですか?!」と言われたといいます。

2:100円ショップで商品の値段を聞いた

普通の人は絶対間違わないと思いますが、これをやってしまうところ“天然”という感じがしますね(笑)

 

これは川ちゃんが100円ショップに買い物に行った時の話ですが、100円ショップ内の商品は、一部の大きな店舗を除いたら全部100円なんですが、何を思ったのか、ある商品を手にして会計を済ませるときに、店員さんに「これっていくらですか?」と聞いたそうです(笑)

 

川田さんいわく、手に取った100円商品がどう見ても100円とは思えないくらいの高価な商品に見えたらしく、念のため店員に聞いたそうです。

 

今では、100円商品の中に300円とか500円とかの「例外商品」があったりしますが、当時は100円以外の商品はなかったと思うので、100均の運営側はこれをヒントに100円以外の商品を作り始めたんですかね^^

3:女性用下着売り場で声だけ変えてレジを済ませた

これはあるコントで女性用の下着が必要となってしまい、どうやって手に入れたらいいかと思い悩んだ挙句、結局売り場に行って直接購入することになったわけですが、その時は相方のゴリがいたかどうかはわかりませんでしたが、女性用下着選びから購入まで川ちゃんがすることになりました。

 

さすがに大の男が女性用下着コーナーに入るっていうのは相当な気合を入れていかないと中々入っていけるもんでもないと思うんですが、仮にコントで使う芸人がここに入るにしても、ちょっとぐらいは変装していかないと勇気が出ません。でも川田さんは何の変装もしないまま、女性用下着コーナーに入っていったようです。

スポンサードリンク

そしていざ購入といったときに周りは女性だらけ、その中にむさい男が女性の下着を買うという気まずくて場違いな状況から少しでも避けるために、川田さんがレジで精算するときに自分だとばれないように声だけを変えてこれください♡」と言ったことがあるそうです。

 

すごいですね(笑)

 

さすがに芸人といえど、変装しないまま声だけ変えて「これください♡」って言ったところで、店員さんや周りの女性たちはバレバレなのは見てわかるでしょうから。この瞬間見た人たちはよこでクスクス笑いしていたかもしれませんね(笑)

4:人間ドックの当日病院に「体調不良の理由」で検査を断った

これはどいうことかと思いましたが、こういうことです。川田さんは人間ドックでの再検査が必要だということで病院に予約の電話を入れてもらいました。

 

吉本興業もその為に休みをもらってスケジュールを開けていたんですが、どういうわけか検査の当日に友達と遊ぶ約束をしてしまい、あろうことか病院側に「今日は、具合が悪いので行けません。」と断りの電話を入れたそうです。

 

病院側は「えっ?」て思ったでしょうね。意味が分かりません。逆じゃないかと(笑)

 

体の検査よりも友達と遊ぶ方がよほどよかったんでしょうね。その当時相方のゴリさんとは同居していたらしいのですが、電話口で堂々と言っていたらしく、病院側の職員さんは「はい?」と聞き返されたらしいのですが、川田さんはそのまま「失礼します!」と電話を切ったらしいです。

5:海辺で2人ともウニに刺さった

garejji_01

海辺で遊んでいたゴリさんが不運にもそこに転がっていたウニを裸足で踏んづけたらしく、足を刺されて痛がっていたゴリを助けようとおんぶして岸へ上がろうと歩いていたら、川ちゃんもウニを踏んづけてしまい、ゴリを背負ったまま後ろに思いっきりぶっ倒れてしまい、ゴリは背中にもウニが刺さったとか(笑)

 

ゴリさんついてないですね(笑)

 

浜辺でバックドロップのような形でウニが転がっていた所にひっくり返されたんで本当に痛かったと思います。

6:選挙ポスターに『なんですか?』

これはゴリさんから聞いたエピソードらしいんですが、川田さんが信号待ちをしている時に周りから妙に視線を感じるので、その方向に振り向いて『なんですか?』と声をかけたらその相手は選挙ポスターだったとか。

 

これは天然というか、なにか特異な能力を感じますね。

今回のまとめ

川ちゃんこと川田広樹さんは、コントの場面ではツッコミとしては確立していますけど、普段の様子を見てみるといろんな場面で天然なところをいかんなく発揮されているようですね!

 

最近はガレッジセールとしてはテレビに出てきていませんけど、昔の「ワンナイR&R」みたいにまた全国放送で復活してほしいですね。

 

川ちゃんもそうですが、ゴリさんも面白いエピソードをいっぱい持っている方なので、テレビに復活してほしいです。

 

現在は地方局で細々とレギュラー番組をやっているみたいですね。