hamigaki

みなさんは、寝る前にキチンと歯磨きをしていますか?

 

ほとんどの人は朝起きてすぐ歯を磨くので、夕食後に歯を磨けば、寝る前には必要ないと考えている方も多いと思います。

 

しかし、就寝中、口の中で何が起きているかを知ると、やっぱり就寝前にも磨いた方がよいと思うはずです。

スポンサードリンク

寝る前の歯磨きはなぜ重要なの?

夕食後に歯を磨いても、なぜまた、就寝前に歯磨きが必要なのでしょうか。

 

夕食後の歯磨きは大体の方がしていると思います。

 

しかし、寝る前にもう一度歯磨きをして、食べ物の残りかすを落としておかないと、就寝中に唾液が減ることで、プラークが増え虫歯菌も増大してしまうというのです。

 

夕食後に歯磨きをすれば十分な気がしてしまいますがこの歯磨きというのも、完全には汚れを落としきれてはいません。

 

夕食を食べてから寝る前までの時間でも、磨き残しからプラークは増え続けているんです。

 

という事はそのまま寝てしまってはさらに、プラークは爆発的に増え続けているんです。

 

プラークが増え続けるとどうなるか、あっという間に虫歯になってしまいます。やはり、寝る前に歯を磨くことは必要になってきますよね。

唾液は口臭や歯の安全を守るガードマン

唾液の働きは様々です。唾液に含まれるリン酸やカルシウムなどのミネラル成分は、食事のたびに歯から溶け出してしまったミネラル成分をまた元通りに歯に戻してくれます。

 

また唾液は、食事をすることで酸性になった口の中を中性に戻してくれる働きもあります。

 

口臭もそうですね。口臭は口の中の細菌が増えて発酵することで悪化します。

 

息のにおいが臭くない人は、唾液によって常に潤いが保たれ、口の中の細菌数がコントロールされることで、口臭を予防してくれているのです。

スポンサードリンク

就寝中は唾液の分泌が最も減る時間帯

就寝中は、唾液の分泌が大きく低下します。

 

それは、食事や会話などの刺激がなくなることと、口呼吸で唾液が蒸発してしまう事が関係しているようです。

 

唾液が減れば、口の中に残った食べ物のカスがまた発酵をして雑菌を増やしてしまいます。

 

それが、結果的に虫歯や口臭につながっていきます。朝起きてすぐに歯を磨いても、就寝中に増えた菌が歯を溶かしてしまっていたら、意味がありませんね。

唾液が減ると虫歯菌が暴れだす

虫歯は、ミュータンス菌という口内常在菌が、食べ物のカスなどから糖を分解して乳酸菌をつくり、歯の表面のエナメル質から主成分であるカルシウムやリンを溶け出させてしまうことでおこります。

 

唾液が減って口内細菌のバランスが崩れ、ミュータンス菌が増えてしまうと、どんどん、歯は溶かされてしまいます。

 

いくらしっかりと歯磨きができていても、唾液が減って細菌が増えれば、ほんのわずかな食べ物の残りかすでも、虫歯の原因となってしまうんです。

さいごに

しっかり歯を磨いていてるつもりでも、完全には汚れを落とし切れてはいません。

 

虫歯菌が増えてしまわないように働いてくれる唾液が減る就寝時の前には、とくにしっかりを歯磨きをして、できる限り、食べ物のカスを取り除き口の中を清潔にしておくことが、口臭予防と虫歯予防には効果的です。

 

そしてできれば、朝ももちろんですが、昼食後や間食後にも歯のメンテナンスをして口の中をきれいにしておいたほうがいいですね!