お正月と言えば初詣。年が明けた元日に神社やお寺に参拝するおめでたい行事ですね。

 

その地域で人気のお寺や神社がありますが、お正月はやっぱり近くの神社に参拝した後に、おみくじを引くのが楽しみの一つです。

 

でもお参りの方法ってちゃんとした作法があるのは知っているとは思いますが、具体的にどういう手順でやれば良かったのか、分からなくなったりしませんか?

 

ここでは、神社やお寺で参拝する際の簡単な決まりごとについて整理してみたいと思います。

スポンサードリンク

神社のお参り

神社にあるものといえば必ず思いつくものといえば鳥居ですが、まず鳥居をくぐるときに“軽く会釈”しましょう。

 

そして神社に参拝に行くときは必ず参道を通りますが、そのときに注意しなければいけないのは参道の真ん中は歩いてはいけないという事です。参道の真ん中は「正中」と呼ばれる神様の通り道で聖なる場所と言われています。ここを通るといけないとされていますので、出来るだけ参道の真ん中を歩くことはは避けてください。

 

しかし、年が明けてから三が日は参拝する人たちで溢れかえって、どうしても道の真ん中を歩かなくなる場合がありますね。そのような時は出来るだけ真ん中を避けて通るような気持ちを持って行けばいいようです。その際は神様に向かって軽くお辞儀をしてから通ってください。でも出来るだけ真ん中は避けた方がいいですね。

 

手水舎では、左手・右手を清め、左手に水をため、口に含み口をすすぎます。

 

最後に左手を清めましょう。水があまりきれいに見えない場合は口をすすがなくても怒られないと思いますが、正式な作法は口も清めます。

 

本殿からお参りします。お賽銭は必ず入れてください。たくさんお参りする方は両替しておきましょう。鈴も鳴らします。2拝2拍手1拝といって、2回お辞儀をしてから2回拍手を打ち、1回お辞儀します。お寺のように特に何も唱えることはないです。よくお祈りしましょう。

 

お辞儀の数などは神社によって異なることがありますので、神社のホームページなどで調べましょう。特殊な場合を除き2・2・1でいいと思います。

 

おみくじなどはまず本殿をお参りしてからにしましょう。境内には小さなお社があるところもありますので、それらをお参りするのもよいでしょう。お神酒をふるまわれているところもありますが、車を運転する場合は注意が必要です。

 

御祈願をお願いする場合には、神社に申し出が必要です。

スポンサードリンク

お寺のお参り

除夜の鐘をつくお寺では、申し込みが必要な場合がありますので注意が必要です。檀家さん以外は入れないお寺もありますので気をつけてください。

 

お寺は、門が設けられている場合が多いので、門をくぐる前に会釈しましょう。

 

手水舎がある場合がありますので、手などを清めたいところです。

 

お参りは本堂から行います。お参り前のお賽銭は必ず入れてください。

 

神社で鈴を鳴らすように、本堂にも小さな鐘がある場合がありますので、鳴らしていい場合は鳴らしましょう。鳴らしたら両手を合わせてお祈りしましょう。

 

真言宗や天台宗の寺ではご本尊の「真言」を唱えます。仏さん固有の呪文のようなものです。本堂に書いてある場合もあります。わからない場合は唱えなくてもいいでしょう。宗派により念仏などに違いがありますので、興味のある方は調べてみましょう。

 

ろうそくをお供えすることができるお寺もあります。ろうそくはお寺に用意してあるものを使いましょう。ろうそく立てにもいろいろなサイズがあり、お寺にはそれに合うサイズのろうそくが準備されています。

 

やはりおみくじなどは、本堂をお参りしてからにしましょう。

 

お地蔵さんや小さなお堂などにもよければ手を合わせてください。

まとめ

新年のお参りでは沢山の人でごった返しますよね。大きな所では比較的大きな駐車場などあるかもしれませんが、近場の神社やお寺などでは駐車場があまりないところもあります。

 

そのような場所には電車やバスなど普段使わない交通機関を使ったり、お寺や神社まで歩いていくのもまた面白いかもしれません。普段とは違った発見もあるかもしれませんね。

 

また混雑状況や駐車場の案内など、ホームページなどで案内されている神社・お寺もありますので、参拝する前に調べてみてください。