今回は、芸能界史上最も不祥事というしくじり事件を起こした一人として有名なこの人、そのまんま東こと「東国原英夫」さんがしくじり先生に満を持して登場します。

自らをしくじり先生として言ってしまう彼はこの番組の中で一体どんな事を語ってくれるのか、ここでは東国原英夫さんに関するしくじってきた物語を色々と見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

代表的な彼のしくじり人生一覧

しくじり人生その1:学生時代に留置所送り?

しくじり人生その2:講談社を襲撃して逮捕!(フライデー襲撃事件)

しくじり人生その3:離婚履2回で、現在結婚3回目!

しくじり人生その4:淫行事件で謹慎・芸能界追放!

しくじり人生その5:宮崎県知事時代に起きた事件は?

しくじり人生その1:学生時代に留置所送り?

実は彼は、学生時代に自転車泥棒を働いており、逮捕されて留置所に送られていたそうです。(ホントかどうかははっきりとはわかりませんが。自転車泥棒してブタ箱にぶち込まれたとか、ちょっと聞いたことがありませんので…。^^;)

 

それはのちに説明するフライデー襲撃事件での取調べの最中に、そのまんま東が学生時代に他人の自転車を泥棒したという前科が発覚したんですね。

なんと彼は、芸能人になる前からすでに自転車泥棒で前科というしくじりのを育てていたのです。

 

この辺は、なんというか確かに自転車泥棒はいけない犯罪ですが、今もチャリをパクる人って普通にいますよね。サドルだけパクったり、ハンドルだけパクったり意味わからないパクリ方されている人も結構いるんです。

 

で、警察署からパクられた自転車が戻ってきたかと思えば、ハンドルが族のバイクみたいにすんごい縦長に付け替えられて戻ってきたりと。今も昔もこの種類の軽犯罪系はなくなりません。

 

ただ、先ほども言ったんですが、自転車泥棒で留置所送りってのは、私はあまり聞いたことがありませんね(笑)

しくじり人生その2:講談社を襲撃して逮捕!(フライデー襲撃事件)

これはあまりにも有名なしくじりエピソードなのでないかと思います。これは「そのまんま東」本人のしくじりというより、ビートたけしさんに巻き込まれた形での、ある意味巻き添えしくじりですかね。(フライデー襲撃事件関する詳しい内容はこちら

 

1986年12月8日にビートたけしさんがそのまんま東らが所属する「たけし軍団」を引き連れてフライデー編集部がある講談社を襲撃しに向かい、そこにいた編集長と編集部員らを暴行。その後現場に複数人で待ち構えていた警察官にその場で取り抑えられて現行犯逮捕となったものです。

 

この時期の前後にはビートたけしさん身辺で講談社のフライデー記者とのゴタゴタが色々とあったわけですが、そのせいで今までのうっぷんが溜まりに溜まっていたビートたけしさんが、この時にあるキッカケが元でついにキレてしまい、たけし軍団と一緒に総出で「乗り込むぞ!」と講談社への襲撃を促すための電話が一番弟子である「そのまんま東」に入ったんです。

 

その一報を聞いたそのまんま東がたけし軍団の中では“一番弟子”ということもあり、たけしから指令を受けたそのまんま東が、その後軍団へ通達を入れメンバーをかき集めたわけですが、そのまんま東は講談社への襲撃をとにかく嫌がっていました。

 

当然と言えば当然ですが。。。

 

というのも、講談社への襲撃はフライデーのお膝元となり、ここで何か事を起こせばもちろんその現場を激写され、大々的にニュースにされます。それに、当時は年末という事もあって数々の特番を抱えていました。そんな時に事件を起こせばいったいどんなことになってしまうのか想像できると思います。

 

全ての番組が中止になるばかりか、最悪ビートたけしはもちろんのこと、たけし軍団全員のタレント生命がここで終わってしまうかもしれません。そんな危機感からそのまんま東は、怒りに満ちたたけしさんの感情を必死に抑えようとしていたのです。

 

しかし、怒り狂ったたけしさんはそのまんま東の説得も一切聞かず、自らフライデー編集部に襲撃の宣言をして乗り込むことになったんです。で、結局ビートたけし率いるたけし軍団は、フライデー編集部より事前連絡を受けていた警察官から現行犯逮捕となったわけです。

離婚歴は2回!再再婚で年は取っても精力だけはそのまんま!

世間でよく聞くのは、彼女ができて付き合いだすと、最初のころはラブラブで、デートとなりしてお互いの親睦を深めあったりして毎日楽しく過ごしていくんだけれど、その状態が続くのはせいぜい初めの3ヵ月くらいで、その理由はお互いのいいところや、気に入らないところがその頃になってくると、だんだん目についてくるようになるといわれていますよね。

 

それで、全体の3割4割近いカップルは離れていくらしいです。それでも、お互いが性格のギャップを埋められるぐらいの愛情があれば、いずれは結婚に至る。で、普通はそれで結婚したら、なかなか別れたりしないものだと思います。

 

仮に別れたとしても、その時の心身状態では以前のような状態にまですぐには立ち直れないと思いますし、再婚するにしてもなかなか踏み切れない人もいると思います。ましてや2回や3回も再婚を繰り返す人はそうそういないと思います。

 

ですが、東国原英夫(そのまんま東)さんは、その辺の精神力(精力?)が強いのか、ただいつも横に嫁さんが居て欲しい寂しがりやなのかは知りませんが、なんと2回も離婚してたんです。そして現在は結婚している奥さん含め結婚回数は3回目となりますね。

 

彼の過去の結婚歴は以下。


1985年(昭和60年):

最初の結婚相手は、1985年(昭和60年)にフリーアナウンサーの片平きみよ(現在は、片平夏貴)と結婚。彼女との出会いのきっかけは番組の共演で。意気投合しそのご結婚。子供さんも生まれています。

 

1989年(平成元年):

そして、平成元年の1989年に前妻のかとうかず子との関係が噂されていたことから片平きみよが不信感を持ち、その後離婚となる。離婚後はその当時で現役の力士と再婚の噂があったら様ですが、今も独身のまま子育てを頑張っているようです。

 

1990年(平成2年):

そして翌年の平成2年(1990年)に当時女優として活躍していたかとうかずこと再婚します。この時よく周りでいわれていたのが「美女と野獣」カップル。このことは、しばらく話題としてたびたび取り上げられていました。子供は2人います。(1男1女です)

 

2006年(平成18年):

かとうかず子さんとの結婚生活は、長い間続いていたんですが、そのうち政治家「東国原英夫」として活動したい!ということに、かとうかず子さんとの折り合いがつかなくなり、結局平成18年(2006年)にかとうかず子さんと離婚することに。

 

この離婚について元夫が、「私と宮崎、どっちが大事なの?」と妻に聞かれて、「宮崎!」と答えたことで離婚を決意したと話しています。

 

2014年(平成26年):

それからずいぶんと時が経って、前妻との離婚の7年後の2014年(平成26年)に地元の一般女性と再再婚となります。現在の嫁のお名前は東国原春香さんだそうです。結婚生活は今現在も続いています。


 

しかし、こうやって見てみるととっかえひっかえ彼の結婚遍歴は凄いですね。ちなみに東国原英夫さんは、今は案外珍しい亭主関白なんだそうです。奥さんは何かと大変なんでしょうね。

スポンサードリンク

淫行事件でしばらく謹慎、芸能界追放へ!

彼がやらかしたもっとも不名誉で恥ずかしい不祥事と言いますか、しくじりは僕はこれだと思いますね。当時イメージクラブ(通称イメクラ、まあいわゆる風俗店ですね)を経営していた店長が風営法違反で逮捕されたわけです。

 

で、そこに通ってたそのまんま東がこの若い従業員の少女に性的なサービスを受けていたという事で、取り調べを受けていた時にそのまんま東の名前が出たので、そのまんま東も取り調べの対象となったと。(実際に違法風俗店に出入りしていたのは、軍団もいたとかなんとか)

 

その時の少女の年齢が16才だったんですが、そのまんま東が「18歳未満とは知らなかった」と釈明したものの、厳しい世間の目があり、当時の妻であったかとうかず子さんもマスコミを通して謝罪の文書を発表した訳ですね。

 

芸能人が風俗で不祥事とかは前代未聞だったので、それから以後は芸能活動を5か月間ほど自粛しました。恥ずかしいやら、嫁さんとの関係でこれからどうしていいやら、本人はきつかったでしょうね。

 

東国原さん(当時のそのまんま東)は法的には罪を免れたんですが、そこはやっぱりテレビで顔を出す商売の芸能界では敏感であり倫理的な性質の問題でもあるので、マスコミなんかでは「淫行事件」として大っぴらに報道されて、世間から冷ややかで激しい非難を受けることになったんです。

 

結局このことは任意の事情聴取のみであり、逮捕とか訴追の事実はなかったということで、実際には犯罪歴には載らないという事になったようです。ただし、「淫行事件」という不名誉なレッテルは今後ついてまわることになるんですよね。お笑いのネタとしてもつかわれていますし(笑)

しくじり人生その5:宮崎県知事時代に起きた事件は?

小さいころからの彼のなりたかった夢が「お笑い」と「政治家」だったらしく、2007年に宮崎県知事として政治デビューを果たします。これで彼の夢が2つとも達成できたわけですね!凄いです。

 

知事時代に起きた事件みたいなことはなかったと思いますが、大きな災難はありましたね。後は彼にとってのちょっとした不祥事的な事はちまちまあったと思います。

 

彼は昔から女性がらみの話題が多いのですが、知事になってもそこはそれですね。知事になってもやっぱり人間としての本質は変えようとしても難しいです。

 

その一つが、平成20年に、どこかでナンパした一般の20代の女性を弄んだ挙句に、その女性から慰謝料を請求されて150万円の手切れ金を支払ったとか、県知事に就任した後に、取材に来ていたある女性記者を東国原さんの自宅に宿泊させたとかでこそこそ話題とかなったらしいんですが、別にテレビとかニュースとか出てませんでしたね。

 

私のこの話題は知らなかったんですが、このときはなぜかマスコミなんかは大きく取り上げなかったらしいんです。

しくじりじゃない人生:ピンチをチャンスに!

逆に、彼が県知事に在任中に起きたことといえば、2007年の知事就任直前に清武町で鳥インフル、そしてその直後には日向市と、新富町で立て続けに鳥インフルエンザが発生したことですね。

 

知事就任直後にいきなり大きな問題が起こったもんだから、初日から大変な対応でしたね。これはもう本当に知事時代に起きた事件!といえたぐらい衝撃的なものでした。

 

まあ色々と策を立ててくれたおかげで、解決し、全国への宮崎地鶏のアピール効果相まって宮崎の地鶏の消費量が鳥インフル発生前より4割も増えたんですよ。いきなり地元宮崎のピンチをチャンスに変えてくれたんですね!

 

県知事就任の時はとにかく宮崎を活性化して元気にしよう!という事で、色んな方面に宮崎をアピールしていましたよね。自分を「宮崎県のセールスマン」と称して地元のキャラグッズを作ったり、報道番組やワイドショーとか積極的に出演したりと。バラエティーにも出ていました。

 

こうなると当然一部から批判の声とかも出てきたりするんですが、そんなことはおかまいなしに仕事によってはほぼノーギャラに近い主演料でもテレビやイベントへも積極的に出ていたそうです。

 

それから(2008年~2009年)まで様々な活動を精力的にやっていたんですが、任期満了直前の2010年になって、あの家畜牛の口蹄疫問題が一気に広がっていきましたね。

 

これは相当な打撃で、宮崎県の畜産家を直撃したことで今後宮崎牛は食べれなくなるの?って心配していたのを覚えています。もっと早く対応処理してればこんなことにならなかったと思ったものでした。

 

きちんと職務を果たして、今まで落ち目がちだった宮崎県をしっかりと立て直して宮崎県知事をあとにしようとしていた矢先に最後の追い打ちというか2つ目の知事時代の事件として、これもまた衝撃的な事でしたね。

 

これまで色々とあったんですが、彼は宮崎県知事「東国原英夫」としてしっかりとマニフェストを達成して任期満了を迎えて退任しましたね。素晴らしいと思います。

今回のまとめ

今回は、東国原英夫が人気テレビ番組の『しくじり先生』で史上最多のしくじりデパート! として出演しますが、彼のこれまでのしくじり人生をどのように面白おかしく僕たちに話してくれるのか、見るのが非常に楽しみですね!

 

これまでの長いたけし軍団の生活から身に付いた独自のお笑いのセンスで、彼の解説を聞いてみましょう!それでは今日はこの辺で。