世界が注目するファッションの中心地ともいえる東京の渋谷109の中にあるファッションブランド「Swankiss」に一際注目されていてカリスマショップ店員として人気が出だしているひかぷぅさんですが、

 

彼女の着てる服は全てがピンクで見に包まれていてとてもポップですね。

 

あまりにピンク過ぎて林家ペー&パー子さんをも連想してしまいます^^

 

それとポップでかわいらしい女性として話題になっているひかぷぅさんですが、彼女は実は辛いものがとても好きで、他の辛党すらも寄せ付けないほどの辛い物好きで周囲の人たちを湧かせているようですね。

スポンサードリンク

ひかぷぅのwiki風プロフィール

生年月日:1993年9月26日
身長:158cm
出身地 :北海道
趣味:食べ歩き、ショップに来たお客さんをコーディネートすること
好きな食べ物:納豆、辛いもの
特技: 激辛料理を食べること(赤からの10辛は余裕らしい)
将来の夢:「ひかぴんく」という絵の具をつくること

好きな食べ物や特技の所を見ると分かりますが、辛い食べ物が好きだというひかぷぅさんは一体どれぐらい辛いレベルの物が好きなんでしょうかね?

 

それとひかぷぅさんの本名は“水嶋ひかる”さんです。

ひかぷぅさんに彼氏はいる?

気になるのは、ひかぷぅさんに彼氏がいるのかどうかですが・・・ 普通にいました^^

 

彼氏はだいちさんという方で、Twitterで2人のハッピーな様子をアップしていましたよ(笑)

 

ちなみに彼女のTwitterです!

どうやら彼女のファンも彼氏がいる事と仲の良い所を知っているようですね。

 

二人の仲はとても良くて「だだまる」コンビと言っているそうです。

普段は10辛、最高は赤玉の50辛を食べちゃった?

ひかぷぅさんはとにかく辛いものが大好きらしいですね。

 

辛ければ辛いほどテンションが上がるとか。

 

激辛のカレーなども普通のではなく10倍の辛さを食べても平気だったり、最高で50辛の超激辛ラーメンを食べたりと、普通の一般人が食べたら胃腸が溶けそうなぐらいの激辛を好んで食べているそうですね。

 

聞くところによると、次は最高峰の100辛に挑むとか!

 

彼女はとにかく辛い物が好きで、外へ出かける時などもバッグの中にはタバスコの何倍も辛いデスソースワサビなどを常に入れて持ち歩いているそうです。

 

とにかく辛いものが好きなひかぷぅさん。そんな彼女がブログに乗せている激辛料理がありました。それがこちらです!

その他にも彼女が辛いものと同じぐらい好きな食べ物があるそうです。それは日本人なら一度は食べたことのある“納豆”です。

 

納豆もカバンに入れて一緒に持ち歩きたいぐらいなレベルで好きなんだそうですね。

 

というかネバネバが好きらしいです。

スポンサードリンク

ひかぷうさんが監督デビュー?

渋谷のカリスマショップ店員の枠にはまらないとはこのこと!

 

なんとひかぷぅさんがラップグループ「#037(オースリーセブン)」が出した3rdシングル“4season”のミュージックビデオを製作していました。

 

この作品にはひかぷぅさんの実体験や日常生活をもとに作ったそうなんですが、とてもリアルで見応えのあるものに仕上がっていて、彼女は主演として出ています。

 

このミュージックビデオのテーマは『渋谷系失恋克服ソング』だそうです。

 

ひかぷぅさん主演のミュージックビデオ「4season」はYutubeにアップされています。

ひかぷぅさんは最近テレビに引っ張りだこ!

最近はひかぷぅさんの人気が右肩上がりの上り調子になってきていて、テレビに出ていないにもかかわらず彼女のTwitterのフォロワー数が6万人に増えたり、インスタのフォロワー数は4万8000人に増えたりと凄い事になっているみたいです。

 

そのせいか、最近はテレビ雑誌の方でもよく見かけるようになってきました。

 

そしてこれからは、「Swankiss」のカリスマ人気スタッフとしてだけでなく、そこから一歩飛び出して雑誌やテレビなど各種のメディアへも出演すことが多くなってきたのか、芸能プロダクションの「プラチナムプロダクション」という所に所属したようです。

 

彼女が今目指しているのは、5年前に東京へ上京してきた当時の雰囲気とは違い、最近若者の活気や元気がなくなってきた渋谷の活気を取り戻そうと、今の若者が食いつきそうな情報を自ら発信していこうとしているそうですね。

 

今では有名人になった“ペコ&りゅうちぇる”やタレントをやりながらアパレルショップ「WC」の店員としても働いている“ぺえ”さんがいるように、もしかしたらひかぷぅさんもこれを機に彼らのような立ち位置で芸能界に出て来て活躍する日が来るかもしれませんね。