このまえ発売された最新の「iPhone7」でしたが、早くもiPhone7で問題が発生してしまいました。それは新品で購入した@kroopthesnoopさんの同僚が届いた箱を開けてみると、なんと赤く焼け焦げたiPhone7の箱が!

 

それはiPhone7が爆発したかのような焦げ跡だったんです。最近この手の爆発事故が非常に多くなったですね。他のメーカーは頻繁に爆発事故を起こしてリコールまで発展していますが、まさかアップルが扱っているiPhone7にまで爆発が起こるとは思ってもみませんでした。

スポンサードリンク

何でiPhone7にこのようなことが起こったのか、見ていきたいと思います。

iPhone7が爆発した原因はやっぱり電池

iPhone7が爆発した写真を見てみると、同の内部から膨れ上がって燃えたようですね。という事は多分電池が原因でしょう。

 

それもスマホにとっては最もメジャーで使い勝手のいいリチウムイオン電池。この電池は使い勝手がいい分、取り扱いがちょっと面倒で製造段階で適当な取り付け方をしていたり、衝撃を与えたり、またはリチウムイオンそのものに傷をつけたりしてしてしまうと簡単に火を噴いて爆発してしまうんです。

 

特に刃物でリチウムイオンに穴をあけたりしたら結構な勢いで爆発します。

 

それと品質の求められるバッテリーの製造ではいろんな国が製造していますが、特に中華系のメーカーでは毎度な感じでバッテリーの爆発事故を起こし続けているので品質そのものがいいとは言えません。

 

このiPhone7のバッテリーの製造委託先は中国だといいますから、一番安全に配慮しなければいけない所をそういったところに委託している時点で品質の面ではどうなのか、この点もiPhone7では心配です。

輸送途中でバッテリが傷ついた?

もし製造面で問題ないとしたら、どの段階でバッテリーが爆発したのか。考えられるのは輸送途中に何らかの大きな衝撃があって、それが衝撃に特に弱かった一部のiPhone7のバッテリーに影響したから。と、見ているようですが真相はまだわかないようです。

スポンサードリンク

それにしても輸送中に衝撃から守るために箱に収められているはずなんですが、それでも輸送途中の衝撃でiPhone7が爆発したとしたらこれは製造側の問題という事になりますね。

 

いい加減に製造しているからこんなちょっとした衝撃でiPhone7が爆発したと。そんな感じにとらえられても仕方ないような気がします。

 

さすがにこんなことはないでしょうけど、多分iPhone7のバッテリーの爆発した原因はリチウムイオン電池そのものが不良品だったんではないかと思います。

今回のまとめ

いままでiPhone7が爆発したという大きな事故はなかったので、このニュースを見たときはちょっとびっくりしました。

 

iPhone7はイヤホンジャックがないとか、意外と画面が傷つきやすいとか色々言われてましたが、まさかここにきてiPhone7が爆発するなんてこと思ってもみなかったですね。今回のことについて検証した結果は何だったのか改めて見てみたいですね。