ishidajyunichi1

80年代から90年代にかけてトレンディードラマで人気を集め、「不倫は文化」発言で茶の間を沸かした人気俳優石田純一さんが7日の今日、衝撃的な発表をしました。

 

なんと東京都知事に出馬するというんです!

 

ここ最近、舛添さん含め都知事になると何かと周りで荒探しをされ、それが明るみになって責任を問われ、結局は職を引きずり降ろされるという事を繰り返しているような感じを受けます。

 

今は新しい都知事候選を行っている最中ですが、ここにきて俳優でタレントの石田純一が突如東京都知事に出馬する気持ちで前向きに検討しているという事みたいです。

スポンサードリンク

東京都知事選になぜ出る?その理由は?

石田純一さんは昔は不倫だとか結婚・離婚を3回も経験している恋多き男としても有名で、スキャンダルの帝王のような経歴を持っているのですが、そんな石田純一さんがなぜ東京都知事に出馬しようと思ったのか。

 

彼は彼なりの思いがあったようですね。今の日本の政治や経済について色々と感じる事があるようなのですが、なかでも石田純一さんが一番に伝えたいことが

  • 子育て支援を改善していきたい
  • 教育支援制度などをもっとよくしていきたい
  • 戦争などの争いに関する日本の立場を明確にする

という事をテレビのニュースで石田純一さんが語っていました。それに加えて「野党がバラバラな現状では勝てない。思いを力に変換できない」とも語っていましたね。

 

とくに石田純一さんが一番訴えたいのものがあって、それは“戦争と平和”に関すること。最近では国会前で「戦争は文化ではありません!この国は個別的自衛権で守れる!戦争反対!集団的自衛権反対!」と抗議スピーチをやっていました。

 

今の政治は石田純一さんが思っているような方向性に向かっていない事が問題だということを“市民目線”で常々感じていたようです。

 

子育て支援制度や教育支援制度についても、保育所の問題とか出生率の低下など現状の問題を引き合いに出して、改善するために行動しなければいけないと考えているようです。

 

そんな中にちょうど良いタイミングに舛添さんがらみの問題があり、次の都知事選が出てきたことで、このチャンスに出馬する気持ち沸き上がったのではないかと思います。

「ちょっと、やめてよね!」妻の理子さんは猛反対(笑)

今回石田純一さんが急に「東京都知事に立候補する!」と言い出したもんだから、妻の東尾理子さんはとてもびっくりしたここと思います。「急に何を言い出すの?」みたいな。

 

当然ですよね。今までいろんな“事変”を起こしてきた石田純一さんに振り回され?てきた妻の理子さんの気持ちとてもわかります。

 

急だったことから、まだ理子さん含め家族とのちゃんとした話し合いはまだないそうです。東尾理子さんの公式ブログでも、現在の心情と、話し合いがなかったことがご書き込まれています。

大変お騒がせしており、申し訳ございません。

主人が日頃から熱い気持ちをもっている事は分かっておりましたが、この度は本当に驚きました。
正直、家族での話し合いはまだ出来ておりません。

日頃から妻として夫を支えたい気持ちでおりますが、今回、私個人としましては、出馬しない事を願っております。

引用:東尾理子公式ブログ

東京都知事になると、東京という巨大な大船を動かすことになるわけで、ある程度の政治や経済に関する知識や、「変えてやる!」という熱い思いだけで、東京都知事になれたとしても、果たしてそんなに簡単に東京を動かすことができるのかと疑問が出ます。

スポンサードリンク

元々弁護士であったので知識量が豊富にあったこともありますが、大阪府知事だった橋本徹さんでも物凄い行動量と実行力で大阪を動かすのにあれだけ苦労したのに、まして1タレントが大都市東京を動かせることは不可能だと思います。

 

そんなことを懸念している理子さんの気持ちは不安でいっぱいだと思います。実際に石田純一さんは理子さんや家族含めてたくさん話し合いをしなければいけないと言っていますね。

 

1タレントである石田純一さんが都知事選に出馬するのはリスク以外の何ものでもないと思うので家族全員反対で一致、出馬決定する可能性はまずないと思います。

石田純一さん自身は自分で動いている?

仮に東京都知事選に本気で出馬するとなれば、どこかしらの政党に支援を受けないと厳しいと思います。東京は大きいので選挙用ポースターを大量に刷らないといけないし、人も何人も雇わなければいけないなど、とんでもなく多くの資金が必要になってきますからね。

 

今はどこの政党からも支援の声がないようなので、ていうか困惑しているのかもしれませんね。という事らしいので現状は市民団体の応援を受けるために既に話し合いを行っているようです。

 

ですが、これもまだまだどうなるか分からないので、今後の動向を見るしかなさそうです。これも可能性としては限りなく低いと思いますけどね。

出馬検討中なのにCMの違約金が出ている?

まだ正式に出馬する段階ではないのに、出演CMを巡ってあるテレビ局から中止せざるえ終えないということで、そのCMスポンサーへの違約金を払わなくならなくなっているようです。

 

仮に出馬を断念したとしても、その違約金は払わないといけないらしく、その金額は現時点でも“数百万から数千万”に上るようです。

 

石田純一さん曰く違約金を請求する企業がこれからも出てくるらしく、請求金額はもっと増えていく可能性があるみたいです。

 

現役のタレントがリスクを背負う覚悟で政治などに出馬するのは、相当の思いや訴えたいを持っての事でしょうけど、やはり石田純一さんも早くも頭の痛い問題が出てきた感じですね。しかもかなり深刻な感じだと思います。

 

これからどうやって切り抜けていくんでしょうかね。

都知事選は結局断念!CM違約金などは払うの?

今日7月11日に石田純一さんが記者会見しました。

 

わたくし石田純一は、かねてより都知事選への意欲を示してきましたが、本日11日、正式に断念します。いろいろお騒がせ致しました

 

断念した理由としては。“メディアのルール”、“”があるようで、「中立、公平の立場に立って番組を差し替えたり、待ってもらうまでのタイムリミットが11日だった」ということを漏らしていました。

 

また、家族への説得も不十分だったために完全に賛成とまではいかなかったようですね。まあ、色々ありすぎて、石田純一さん本人も言っていましたが、「準備不足であり、時間切れだった」と無念さを出していましたよ。

 

この報道を受けていろんな方面から「結局なにしたかったの?」とか「世間を騒がせただけだったの?」とか言われてますが、石田純一さんは真剣に考えての事だったようなので、力不足で行動を起こすまでには至らなかったと。

 

何とも言えない気持ちではありますね。

 

今回の事で、CMスポンサー契約などの違約金はどうなるのかと言えば、結論から言えば全く発生はしないという事でした。良かったですね!

 

一次は出馬するしないにかかわらず、違約金が発生してしまうという事だったので、石田純一さん相当焦っていましたから。

 

石田さん本当に自ら好んで人生の修羅場を歩んでいるというか、いずれは今回の事も「あぁ~、あの時はあんな無謀なこともしたなぁ~」と思い返す時が来るような、素敵な人生の経験を記録してらっしゃいますね(笑)

これは参った(笑)今度は“鳥越俊太郎”が都知事選へ?

12日の今日、またまた東京都知事選に、元ニュースキャスターの鳥越俊太郎さんが東京都知事選に立候補することが決まりました!

 

この報道も突然の事だったので、非常にビックリしました。

 

先日石田純一さんが都知事選に出馬断念したばかりなのに、石田さんとタイミングよく入れ替わるような形になりました。東京ってなんか面白いですねw

 

鳥越俊太郎さんは、野党統一候補で擁立へすることを確認したという事で、「民進、共産、社民、生活の党と山本太郎とゆかいな仲間たち」の野党4党の幹部らで最終調整を完了したようです。

 

東京はいろんなことが起きるなぁーとつくづく。そういえば小池百合子さんも元ニュースキャスターなんですよね。まあ時間的にも東京都知事選に出れるのはこれで最後かと思いますが、これからどうなるか、ちょっと見ものになりそうですね。

今回のまとめ

テレビを付けたら石田純一さんが東京都知事に立候補するというニュースが飛び込んできて非常にビックリしましたが、結局は都政への出馬断念という形に落ち着きましたね。

 

参院選や東京都知事選には、何かしらタレントなど芸能人が立候補する場面がよく出てきますが、特に参院選では票集めのためにタレントが使われることが多いです。

 

東京都知事選でも有名人を候補に挙げておけば、票が集めやすいという側面があったりします。元タレントであった。青島幸男さんに始まり、俳優の石原慎太郎さん。それから作家の猪瀬直樹さん。そして最近問題を起こした舛添要一さん。

 

ですが、ただ単に名前が有名だから、政治や都政の仕事ができるとは限りません。

 

今回出馬を辞退した石田純一さんは都知事になるよりもタレントして人生を歩んでいってもらった方がいいんじゃないかなと思います。

 

何だかんだ言われてますけど、石田さんなりの思いがあっての出馬だったと思いますが、都知事という職の縁はなかった。これでいいんじゃないかと思います。