ここ最近は小さな地震が全国的に、しかも頻繁に起こってきていますよね。

 

なんだか、日本全体がこんな感じで揺れているので、非常に怖いです。どこで、どれだけの規模で突然地震が起こるか全く予想も出来ないので、非常に心配ですね。

 

また、日本で起こる災害といったら、大雨によって起こる大規模な洪水とか、海沿いの地域では津波の影響もあってとにかく日本は自然災害の中に生きている様です。

 

もし身の回りで災害が起こってしまったら、どうすればいいでしょうか?

 

今回は災害時にとても役立つ防災グッズと避難時に役立つ防災セットをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

地震や災害が起きたときは、とにかく家から外に出る!

いざ災害に直面したあなたは、いまどうするべきでしょうか?

 

家にいるときに大きな地震にあった場合は、まずとにかく家を出ること。その際に必要なものは。そして頭を押さえながら外へ出る。

 

これは地震などで逃げるときに、家具や割れガラス片などで足を怪我しないためですね。

 

ビルなどにいるときは、机の下に隠れるか、転倒してケガしないように頭を抑えたりしながら、外に出るのが基本ですね。

 

まずは身の安全を確保するのが先決だと思います。

地震や災害時に備える防災グッズ

今は地震や災害時に備える防災グッズは数え切れないほどたくさんありますね。その中で本当に役に立ちそうな防災グッズのみをピックアップしてご紹介します。

 

地震や洪水被害に遭った場合は必ず避難所が用意されますが、こういう場ではある一定期間は過ごすことになると思います。

 

もし、数日間過ごさなければいけなくなった場合は、炊き出しなどを提供されることになりますね。

 

ですが救援物資が届くまで日数が掛かったり、交通の事情で日数がかかる場合があります。最初の3日間とかある程度落ち着くまでは、自分で用意した分の避難用具で過ごさなければいけなくなることも想定されます。

 

そこで最低限必要な避難用具は以下です。

1次避難グッズ

  • 洋服類
    数日間分の衣類、重ね着できるもの
  • 毛布類
    毛布、布団、寝袋など
  • 貴重品
    お金、通帳・カード類
  • スマホやガラケー
    情報収集に役立つ
  • 携帯ラジオ
    情報収集に役立つ
  • 充電池
    スマホやラジオの充電に役立つ
  • 飲料水
    1人1本、できればありったけ

こんなものでしょうか。

今すぐ逃げないといけない緊急時に持っていける物のみ。これは最低限用意できるものです。

スポンサードリンク

次に災害がある程度落ち着いたけど、家に帰れなくて避難所で生活していかなくなった場合に用意する避難グッズです。

2次避難グッズ

  • 飲料水
    1日2リットル×家族分×7日分
  • 緊急セット
    包帯、ガーゼ、ばんそうこう、医薬品類など
  • タオル
    様々な場面で使える
  • 衛生用品
    女性は持っていた方が良い
  • トイレットペーパー
    お尻拭きやティッシュペーパーの代わりになり重宝する
  • 簡易トイレ
    これがあれば非常に重宝します
  • 非常食
    カップめんやゼリー飲料、お菓子など
  • 食器セット
    数日分の使い捨てで良い
  • ゴミ袋
    避難所の衛生状態を悪くしないため

こんな感じでしょうか。

 

他に細かいことを言うとまだまだ持って行くべき避難グッズはたくさんあるんですが、非常時で慌てているときにあれもこれもと考えが及ばないと思います。

 

なので数日間は家族で過ごせるだろうと思うものだけをピックアップしたわけです。これだけでもちょっと多いかなと思いますが。

 

でも、避難生活しているという事はどちらにしろ救援物資が届くのは確実なので、これだけあれば数日間は過ごせます。

 

いまどき、国内の自然災害で水や食料がなくて命を落とした人がいないからです。必ずどこかの自治体が連携して救援物資が届くようになっているので、避難グッズがあまりなくても避難所生活はやっていけています。

今回のまとめ

災害大国の日本では、ありとあらゆる災害に取り囲まれており、私たち日本人はこれらの災害から逃げることはできませんね。

 

だったら、もし身の回りで地震や洪水などの大災害が起こったら、どうやって逃げればいいか普段から予行演習をやっておかないといけませんね。

 

また、できれば直ぐに持って逃げれるように玄関の隅にでも常に防災グッズを用意しておきたいです。

 

防災グッズを用意するときは、1次避難グッズ2次避難グッズとに分けて用意しておきたいものです。