北朝鮮が今月の10月18日にミサイルを発射するのではないかと世間で騒がれていますが、

果たして本当にミサイルを打ってくるのか、何の対処もできないこっちの身としては気が気じゃありませんよね。

 

じつは先日の10月10日にも北朝鮮はミサイルを打つのではないかと予想されていたんですが、

この日はどうやら何も起こらなかったようです。

 

実は10月10日は北朝鮮の「朝鮮労働党の創立72年の記念日」で、これに合わせてミサイルの発射を準備しているという情報が入ってきていました。

 

北朝鮮を訪問したロシアのモロゾフ議員が「北朝鮮が新たに弾道ミサイルの発射を近々計画している」とテレビでも言っていたので、信ぴょう性がかなりあったことから、政府は警戒していました。

 

でもこの日は何事もなく過ぎたので、取りあえずはほっとしましたね。

スポンサードリンク

北朝鮮が10月18日にミサイルを発射する可能性は?

10月10日が「朝鮮労働党の創立72年の記念日」で、これに合わせて金正日を湛えることと同時に、

世界に権威を見せつけるという意味でミサイルを発射するのではないかと思われていましたが、この日は何事もなく終わりました。

 

北朝鮮は世界で何かしらの行事を行うタイミングに合わせてミサイルを打ってくるパターンが多いですよね。

 

これは牽制の意味がとても大きいと言われているんですが、次の10月18日も中国で「共産党大会」が開幕するので、

またこのタイミングで牽制の意味も含めてミサイルを発射するなどして軍事挑発を行うのではないかと予想されています。

 

なので、前回の10月10日に何も行われなかったという事は、次の「共産党大会」が中国で行われる18日に合わせて、

ミサイルを発射して妨害させる可能性は今までの行動からの”一般的な見方としては”大きいと思います。

 

もしミサイルを発射させたとしたら、また日本海に向けて打ち込むんでしょうね。

 

でも前回の10月10日はミサイル発射する可能性が大きいと言われながらも、結局何も発射しなかったので、こんども18日もミサイルは飛ばさないんじゃないかと、自分では思います。

 

結局、ミサイルが発射されたり、Jアラートが出てきても自分たち日本人はどうすることもできないので、

 

自分たちで対処できることと言ったら、せいぜい近くの強固なビルの中に逃げ込んだり、何もない原っぱにいる人は、手で頭を覆いながらその場にしゃがみこんでやり過ごすぐらいしかありません。

 

北朝鮮はミサイル発射が数を相当数こなしたことで着弾精度も相当上がってきているそうなので、万が一にも日本本土に誤って打ち込む可能性の方が低いんじゃないかと思ったりしています。

 

仮に、着弾地点を目標設定するときに手が滑って日本本土に捉えた状態で発射ボタンを押してしまったら一巻のアウトですが…。

 

まあ、そんなことはないと思います。もしあったらそれこそそれがきっかけになって全面戦争状態に発展する可能性がありますからね。

 

そうなったら、逆に北朝鮮は袋のネズミじゃないでしょうか。北朝鮮はそんなブーメランが返ってくるような愚かなことまではしないと思いますがねw