私たちの体内は健康な人でも約5000個以上のガン細胞になり得る“変異細胞”が毎日作られているといわれています。怖いですよね。

 

 

これは人間の細胞の数が「37兆個」あるといわれています。全部きちんと細胞分裂してくれればいいのですが、中には分裂に失敗してしている細胞もあります。これがガンの芽ですね。それでも変異細胞が育ってガン化しないで済むのは、身体に備わっている「免疫」によってしっかり守られているおかげ。本格的にガンになることがないんです。

 

 

身体に備わっている免疫力によってあらゆる病気から身を守っている。これが自然治癒力の力です。これとは逆に免疫力が弱かったりすると、病気から体を守る力がないので、どんどん病気が進行してしまいます。

 

 

ガンなんて絶対なりたくないですよね。未然に予防したい方、もしくは経験のあるかたも今からでも全然遅くありません。自分のことや身の周りの人で少しでも不安がある方は、最後までじっくりと目を通してみてください。そして納得出来たら、少しずつでもいいのでここに書いてある事を淡々と実践してみてください。

スポンサードリンク

長生きの弊害(体力の衰えと病気の進行)

昔と違い、現在私たちは「健康寿命」が驚くほど延びているのはご存知だと思います。昭和初期ごろは生活が貧しく食べ物もない時代でしたので長くても人生50年といわれていました。ですが、今では食べ物も豊富で栄養もたくさん摂れるようになり、衛生面の向上や医療技術の飛躍的な発達のおかげで人生80年とまで言われるまでになりました。

 

長生きできるという事はすごく嬉しいことです。人生を思う存分楽しめます

 

『だけど、知ってましたか?』

 

長生きできるという事は素晴らしいことですが、実は身体にとってはそれだけ負担をかけている事にもなっているんです。若いころは体力もあって病気に対する抵抗力が強いので、ずっと健康でいられますね。しかし、年齢を重ねていくと徐々に体にガタが出てきて高齢にもなってくると体力も衰え、様々な病気に罹りやすくなってしまいます。

 

 

仕方のないことですが年齢を重ね、体力が無くなってくるとやがて身体は悲鳴を上げて、様々な病気を患ってしまいます。とくに最もなりたくない病であるを患ってしまうと、お先真っ暗になってしまう人もいるでしょう。特に高齢になるほど“ガン体質”になりやすいといいます。

 

しかし、どうか安心してください。私たちの身体にはしっかりと病気と闘う治癒力(免疫システム)が備わっています。この力をもっと強くしていけば、病気に対する抵抗力はもっともっと良くなっていくんです。年齢は関係ありません。

 

ここからは、どうやったら免疫力を高めて、ガン体質から身を守れるくらい強い身体を作れるのか解説していきます。

免疫力は病気に対する最強の剣!

けがや病気をしたときなどは、一時的に辛いですが何日か経てばケロッと治ります。例えば転んで擦りむいた場合は、怪我した部分に血の塊ができて出血が止まり、そこにかさぶたが出来て綺麗に治ります。また風邪を引いたりしたときは、高熱が出ますが、1~2日後には完全に回復しますよね。骨折したとしても元通りにくっ付きます。

スポンサードリンク

私たちの身体に元々備わっている自然治癒力の力なんですが、これがあるおかげでケガや病気にも負けない強さを持っているわけです。もしこの自然治癒力が備わっていない人がケガや病気になったりしたらどうなるでしょうか?

 

絆創膏を貼れるぐらいのちょっとしたケガでも出血が止まらくなったり、いつまでも風邪をひきっぱなし、骨が折れたら折れっぱなし病気の程度によっては命を失うことにもなりかねません。それぐらい自然治癒力っていうのは、健康を維持するのに大切な機能であり、病気に対する強力な力を持っているんです。

自然治癒力の力は免疫力の強さで決まる!

では、様々な病気から身を守る自然治癒力を高めるためにはどうしたら良いでしょうか?

 

それは、私たちの身体に備わっている免疫力を付けるしかありません。しかし、この免疫力はどんな薬よりもよく効く最強の薬です。免疫力は身体の健康を縁の下で守る強力な味方です。この免疫力をじっくりと育てて、強くしていければどんな病気だろうが、防護壁のようにしっかりと身体から病気を弾き返してくれるようになってくれます。

 

 

RPGみたいに免疫力のレベル上げをしているような感じですよね(笑)。このようにして健康維持が確保できてくるようになってくると、しだいに病気に罹りにくくなってきます。

 

免疫力が健康維持に大切なのは分かったけど、じゃあ免疫力を強くするにはどうやったらいいの?

ということになってきますね。次はどんな人でも簡単に実践できて、効果的に免疫力を高める方法をお教えいたします。

ガンにならない体質を作る6つの効果的な方法

誰でも簡単に実践できて、ガンにならないための病気に強い体質に作り変える効果的な方法を説明しますね。

効果的ながん予防6つの生活習慣
  1. 口呼吸をやめる
  2. 甘い物を食べ過ぎない
  3. テレビの見過ぎやゲームのし過ぎを避ける
  4. 野菜と果物を多めにとる
  5. 睡眠サイクルを調整する
  6. 酵素入りのドリンクを積極的に取り続ける

 

順番に説明していきますね。

1.口呼吸をやめる

睡眠中の口呼吸というのは実は非常に危険なことだっていうのは知っていますか?

 

本来呼吸は鼻で行うものであって、口は食物を通すだけの器官です。鼻呼吸は鼻腔に入った空気は副鼻腔を通って加湿される為、肺に入ったら綺麗な空気となって届くんです。当然外から侵入したウイルスも鼻腔でシャットアウトされるので、感染の心配のいりません。

 

しかし、口で呼吸すると外からの空気や細菌などが気道にダイレクトに侵入してきます。そうなると、いとも簡単にウイルスやカビ、ダニなどのアレルギーを引き起こす有害な細菌などが気道や器官、あるいは肺の中にまで入ってきかねません。

 

 

気道が乾いてくると、唾液の分泌や喉の潤いが無くなって、免疫力の低下も起こしてしまうんです。「たかが口呼吸したぐらいで・・・」と思うかもしれませんが、これが原因で辛い病気になる人は沢山いるんです。

2.甘い物を食べ過ぎない

そもそも「なんで甘いもの食べすぎちゃならんのか!」とお思いでしょうが、しっかりとした根拠があります。甘いものを摂取するとそこからブドウ糖という物質になります。血中にブドウ糖が溢れてくると膵臓がそれを検知してインスリンを放出します。

 

 

たまにならいいのですが、毎日甘いもの食べ続けていると常にインスリンが放出され続けてしまいます。じつはこのブドウ糖、(グルコース)というんですが、このグルコースが常に体内に大量に存在し続けていると、ガンの発生や増殖、または転移しやすい体質にさせてしまう物質だということなんです。

 

 

甘いものの食べすぎは免疫力を格段に下げてしまうことになってしまうんです。もちろん、成人病の一つである厄介な糖尿病の原因にさせてしまう事にもなってしまいますよね。極力控えるような努力が必要ですね。

3.テレビの見過ぎやゲームのし過ぎを避ける

これは単純に家の中で長時間テレビを見ていたり、一日中ゲームをし続けている人は外に出て散歩したり、目立った運動はしていないですよね?っていうことです。運動不足な人は筋力が衰えたりメタボ体質になってしまうので体のためには良くないですよね。

 

 

筋力が衰えるという事は、体の代謝機能も衰えてしまうので、当然免疫力もどんどん低下していきます。病気になり易い体質に鳴っていくということです。運動不足になると体を動かすだけでも億劫になってしまいます。肥満の原因になってしまいます。

 

 

運動不足になった人は、大腸がんの危険性が飛躍的に高まるということがアメリカのある研究施設の調査で分かったそうです。運動不足はあらゆる病気の元となり得るので、少しずつでもいいので運動を始めてみることをお勧めします。

4.野菜と果物を多めにとる

これはもう説明するまでもないと思いますが、肉類中心の食生活よりも野菜中心の食生活に重きを置いたほうがいいですよということですね。^^

 

 

野菜や果物には、細胞のガン化を防ぐ酵素ビタミンミネラルフィトケミカル(老化を促進するといわれる活性酸素を無に出来る抗酸化成分)が豊富に入っているんです。

 

 

毎日の生活が忙しい人はなかなか料理とかできず、ジャンクフードやコンビニで弁当を買ってきたりとか、スーパーで出来合いの食材で済ましている場合が多いのですが、そんな時にもちょっとした惣菜を付け足したりするだけでもいいと思います。

 

 

特にコンビニ弁当はお米の艶を出すために、表面にを塗っています。たまにならいいのですが、それが毎日続くと・・・。なるべく野菜寄りの食生活をするように心がけてください。

5.睡眠サイクルを調整する

仕事が忙しく不規則な生活になっている方も多いと思いますが、睡眠は疲れた体を癒す効果があるばかりでなく、睡眠中に体の免疫機能を整える事も行っているんですね。なので睡眠不足は体の疲れも十分に取れない免疫力の力も十分に発揮できないということになってしまいます。

 

 

睡眠不足に陥ると体内リズムが狂ってきて、なかなか寝付けなかったり、自律神経が乱れて脳が興奮したり、体調が乱れて原因不明の症状も起こってくるといいます。睡眠不足と免疫力の低下は密接に関係しています。免疫力の低下はガン発生を許してしまう元となってしまいます。

 

 

仕事でどんなに遅く家に帰ってきてもなるべく同じ時間に寝るようにして睡眠サイクルを整えるよう努力することをしてみてください。

6.酵素入りのドリンクを積極的に取り続ける

すべての生き物は生まれつき体内に持っている酵素の量は一定量しか持っていません。つまり自分が持っている酵素使い果たしてしまうと、生命活動が出来なくなり、そこで一生は終わってしまいます。

 

 

人が食事したり生命活動をしたりすると徐々に失われていくのですが、これには2種類の酵素があります。一つは「消化酵素」。もう一つは「代謝酵素」です。

 

消化酵素は、食べ物を消化するときに使われています。なのであまりいっぱい食べすぎると、それだけ大量に消化酵素も減っていくことになってしまいます。一方代謝酵素は生命活動に必要な様々なエネルギーへの変換免疫力を担う役目として使われています。

 

 

この代謝酵素が減ってしまうと免疫力が低下してあらゆる病気にかかりやすくなってしまいます。そこで自分の持っている体内酵素を少しでも節約しなければいけません。ここでお勧めなのが「酵素ドリンク」というものです。これは外から酵素を取り入れることで、疲れた体の酵素を補うと同時に体調の悪くなった身体を元通り元気にしてくれるというべき生きた酵素が入った魔法の水というべき健康飲料です。

 

 

メーカーによって値段が高かったり、酵素成分が違ったりするんですが、私のもっともお勧めしたいのが自然縁酵素飲料自然力です。他のメーカーの酵素飲料より少々値段がお高いのですが、積極的に私も飲んでいます。

 

 

これを飲み始めてもう半年以上になりますが、今までハードな仕事で疲れた体で家路についていたのですが、休日なども全くやる気が起きないほど疲れていたのですが、これを飲み始めて4~5ヶ月目くらいからその疲れもじわじわ取れてきて、今ではとても元気になりました。

 

 

疲れが取れるという事は、健康体にのなっていくということで、こういった酵素飲料は試してみる価値があると思います。ただ、はじめから凄く活発で健康的な人は、この酵素飲料を飲んでも「いやぁ、元気になったなぁー!」とか感じないかもしれませんね(笑)

 

 

あくまで疲れ切っている人や、元気がなくて早く病気から立ち直りたいって人はこれを飲み続けたら実感が湧くかも知れませんよ^^