暑い夏はビールがおいしい!私もそうですがビールがこよなく好きな人は家で毎日の食事中に飲んでいる人はもちろん、

 

忘年会や新年会では居酒屋でべろべろになるまで飲んだくれる時もあります。

 

私は居酒屋でビールを最初に注文するときには「とりあえず生!」なんですが、他の人も“”を注文する人は多いと思います。

 

しかし、ビールには“”と“ドライ”の2種類がありますが、これらの違いって気にはしてても深くは知らなかったりします。

 

この“”と“ドライ”の違いは何なのか気になったので調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

生ビールとドライビールの違い

生ビールとドライビールでビールには2種類あります。

 

とりあえず乱暴に区分けすると、生ビールは加熱処理をしていないビール。対してドライビールは生ビールとは少し製法を変えて製造したビールとなります。

 

また、生ビールには製法と保存方法でさらに“”と“ドラフト”に分けられます。

生ビールとは?

生ビール”は、ビールの原料となる麦芽やホップなどと酵母を加えて発酵させることによってビールの原料ができます。

 

ビールを製品化させるために、酵母の発行を止める必要があります。昔は酵母を除去する技術がなかったために“熱処理”していました。熱処理されていたので生とは言えず「熱処理ビされたール」として販売されていました。

 

ですが、今では濾過技術が確立されたおかげで、熱を加えず濾過だけで酵母を除去できるので、これを「生ビール」と呼ばれるようになりました。

ドラフトビールとは?

ドラフトビール”は、昔は非加熱処理の“生ビール”を樽に入れて保存していました。その樽からくみ上げたビールのことを“ドラフト”と言います。

 

ドラフト”というのは「樽から汲みだしたビール」のことを言います。

 

樽から汲み出したビールのほとんどは非加熱処理のビールだったことから、このビールのことを“ドラフトビール”と言います。

ドライビールとは?

ドライビールといえば、生ビールに比べると尖った味わいというか辛口ですよね。

 

これは従来のビールに比べてアルコール度数を高めにして、辛口に仕上げたアサヒが独自に開発したビールが“ドライビール”となります。

 

ドライビールの条件としては、原材料に麦芽を少なくして米やコーンスターチなどの副材料を高めに配合して、アルコール度数を高めに設定、そしてコクやキレがありつつ辛口に仕上げるという要素が含まれたものとしているようです。

スポンサードリンク

ただ、これには明確な定義がありません。なぜかと言えば、後のドライ戦争と呼ばれるアサヒ以外の競合他社が、その企業独自のドライビールを乱発したがために、必ずしも上記の条件に達していないビールもあるからです。

 

もともとドライビールを最初に発売したのは「アサヒビール」でした。1980年代の頃がアサヒビールの低迷期で「これではいかぬ!」と経営改革で社長が交代し、そして1984年から1985年にかけて行った市場調査で、

 

当時の消費者がビールに「軽快さ」や「飲みやすさ」や喉ごしの「コク」や「キレ」を求めているのだ!と判断して「コクキレビール」を発売。その後、コクキレビール」を改良して進化させたのが世界初の辛口ビール「アサヒスーパードライ」だったんですね。

生とドライとでおいしさに違いはある?

これは好みによると思いますが、生ビールをこよなく愛している人は、「ドライは邪道だ!」と毛嫌いしている人もいたりしますね。

 

逆に生ビールもドライも味や喉ごしの違いはあれ、その違いを楽しんでいる人もいます。または生やドライの違いもたいして分からず普通に飲んでいる人もいますね。

 

生ビールよりもドライビールが好きな人もいます。

 

疲れた体に冷たいビールをグビグビ飲んで「うまい!」と感じられるのはやはり、生ビールが一番じゃないかと思います。

 

辛口が好きな方は、当然ドライビールがいいでしょうね。でも喉ごしをグビグビ楽しみたい場合はドライビールはちょっとキツイかな?と思ったりします。

今回のまとめ

生ビールとドライビールの違いを書いてみましたがいかがだったでしょうか?

 

普段はそんなこと気にせず、飲みたい時に好きな銘柄のビールを買ってきてグビグビ飲んでいましたが、たまにドライビールも飲んでみようかと買ってきたときに、ドライと生でどこがどう違うんだろう?

 

って思い、飲んでみたら「辛い!」。同じビールでもこれだけ味やのどごしに差があったらはっきり好き嫌いがでてきますね。

 

わたしもドライよりやっぱり生ビールの方が好きです。飲みやすいし喉ごしがいい。

 

でも同じ生ビールでもドライビールよりおいしくないものがあったりするので、たまにはドライビールも飲んでみようかと思います。