新しい年を迎えて初めて食べるおめでたいおせち料理。お屠蘇を飲みながら、立派な重箱に詰められた沢山の食材を見てるだけでも幸せな気持ちになってきます。

 

やっぱり元旦に食べる料理は、おせち料理ですよね。というか、元旦に食べる最初のお食事は“おせち料理”しかありません!

 

このおせち料理には沢山の食材が詰められていますが、その一つ一つにはちゃんとした意味があるのをご存知ですか?

 

ここではおせち料理の由来と意味について解説するとともに、地域ごとにある沢山の個性的なおせち料理についても書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもおせち料理とは?

おせち料理は日本の五節句の日に年神様にお供えし、祝いの膳として振舞われた料理です。

 

年神様は元旦に高山から下界に降りてくる神様で人々の幸福を招くと言われていますが、江戸幕府が制定した「1月7日の人日」、「3月3日の上巳」、「5月5日の端午」、「7月7日の七夕」、「9月9日の重陽」のうち一番重要であるとされた人日の節句にいただくお正月の料理を意味するようになりました。

 

現代では3が日か、7日までの期間に食べる料理として広く浸透しています。

 

おせち料理は海産物や農産物が豊富で、数々の縁起物を「めでたい事が重なる」という意味を込めて重箱に詰めています。

 

また、昔はラップなど便利なものがなかった時代なので、色んな食材を一つで段重ねのできる重箱が活用されたとの理由もあります。

 

重箱の段数は地方や各家庭によりますが、正しい段数は“四段重ね”だと言われています。

 

重箱の一の重には数の子などの酒の肴に合う料理を詰めます。

 

二の重には老若男女が好む甘味のある料理「口取り」、

 

三の重には海老やブリなどの海産物の「焼き物」、与の重は山の幸を使ったお煮しめなどの料理を詰めます。

 

与の重は四段目ですが、「四」の字は「死」を連想させるので「」の字を使っています。

おせち料理の意味は?

紅白蒲鉾(かまぼこ)の蒲鉾は半円形で初日の出を表し、紅白は縁起が良いと言われています。

 

伊達巻(だてまき)は長崎が発祥の蒲鉾が江戸時代に伝わった時、伊達者の着物の柄と似ていたためだという説や伊達政宗が好んだ料理だったという説があり、巻物にも似ている事から学業成就を意味しています。

 

栗きんとんは黄金色の宝物に例えられていて、金運アップを願う料理。黒豆はまめに働く事が出来るようにという願いが込められています。

スポンサードリンク

昆布巻きの昆布は健康で長生きするようにという願いと「喜ぶ」という語呂合わせで縁起物とされています。昆布は使いまわしがきくので色々な料理に登場します。田作りは五穀豊穣、数の子はその親であるニシンと二親(にしん)をかけて子孫繁栄を祈った物です。

 

海老もおせち料理には欠かせない存在ですが、ひげを生やし腰を曲げた見た目が長寿を連想させる縁起物とされており、焼いた海老が詰めてあると華やかになります。

 

紅白膾は生の魚介や柚子の千切り、大根と人参の細切りとお酢で拵えたため、膾と呼ばれるようになったという説があります。

地域ごとに違う個性的な郷土おせち

おせち料理を食べる時期は共通していますが、その種類も大変多く、47都道府県や地域ごとそれぞれに個性があります。

 

北海道では普段の食卓にも登場する鮭の頭(氷頭)と大根を使った氷頭(ひず)膾をおせち料理料理の一品として食べる習慣があります。

 

栃木県では貴重な魚モロサメを醤油で味付けした煮魚の他、耳の形をした耳うどんをお正月に食べます。

 

石川県のおせち料理はブリの切り身とかぶらを麹で発酵させて作るかぶら寿司で、

 

千葉県ではおめでたい席で良く用意する太巻き寿司もおせち料理の膳に加わります。

 

神奈川県は江戸時代に上演された「金平浄瑠璃」の主人公で足柄山の金太郎の息子坂田金平にちなんだきんぴらごぼうが大衆に広まり、お正月に食べるようになったそうです。

 

兵庫県では神戸の中国人や台湾の出身者達が正月前に準備しておいた八宝菜や大根餅などの料理を少し温めてから食べるようにしています。

 

沖縄県では多くの人が集まった時に食べる田芋田楽をお正月に食べます。

 

どの地域のおせち料理も お正月だけでなくちょっとした集まりやお祝いの席に使える料理なので、他の人と食べるとより滋味に富む料理です。

【お節料理に関する参考サイト】

おせち料理のまとめ

ここまで読んでいかがでしたか?

 

おせち料理がどのようにして生まれたのか分かると、皆が集まった時の話題になります。おせち料理は家族の幸せを願って食べる物。

 

お正月を無事に迎えられた事や、料理をする人に感謝しながら食べると去年とは違った味わい方が出来ますし、より美味しく感じられます。

 

美味しいおせち料理を食べて素晴らしい一年をスタートさせましょう!