ポケモンGOが日本で配信されてからはや1週間となりました。日本でのリリースを心待ちにしていた方は、配信と同時に町中を歩きまくって数多くのポケモンをゲットしたことでしょう。

 

普段あまり歩かない人もポケモンGOの楽しさを知ったことで、街中を歩くことが多くなったと思います。

 

スマホの歩数計を見てみると、1日数十歩だったのが、1日1万歩近い歩数を稼いでいる人も珍しくありません。

 

ポケモンGOで楽しくゲームしながら健康増進にも一役買ってくれたら、これほど効率のいいダイエットはありませんね!

スポンサードリンク

ポケモンGOのプレイ前後での行動の違い

ポケモンGOは街中のあちこちに潜んでいるポケモンを捜し歩いて見つけてはゲットしてを繰り返して強いキャラクターに育てたり、街中のところどころにある“ポケストップ”と呼ばれるスポットに立ち寄ってアイテム収集したりしないといけませんね。

 

そうなると、ポケモンをもっと成長させたいので必然的に歩きます。いったんポケモンGOをやり始めると、皆さんは次の行動を取るようになってきます。

  1. 学校帰りは、通いなれた道を通らずに、ちょっと遠回りをするようになる。
  2. 仕事帰りは、家との距離が近ければ、あえて電車を使わずに歩いて帰ってくる。
  3. 休みの時は家でごろ寝をしていたのが、散歩に出る頻度が無駄に多くなる。
  4. 他の人にやらせていたペットの散歩を積極的にやりだすようになる。
  5. 近くにポケストップがいくつかあったら、それらを全部回るようになる。
  6. 帰りがいつもより遅くなる。

僕もポケモンGOをやり始めて、散歩に出る頻度が無駄に多くなりましたw

 

Twitterなどでは、今までとは明らかに歩いた距離が変わったとか、1日で10キロ以上歩いたなど凄い人も出てきてるみたいですね。

 

実際、1日1万歩近い歩数を毎日とはいかないまでも、ずっと続けていければ運動不足が解消できるし、女性だったら専用のダイエット器具など高い買い物をせずとも遊びながらタダで実践できて、効果も期待できる抜群のダイエット方法だと思います。

スポンサードリンク

世代問わずポケモンGOで運動不足が解消!

先日、MMD研究所が「7月25日~26日」にかけて、対象年齢“15歳~69歳の男女”をサンプルとして『ポケモンGOの利用実態調査』を行いました。

 

その結果、日本でスマホを利用している人の約4割弱がポケモンGOをダウンロードしていることが分かりました。ポケモンが誕生した国なので、当たり前に日本でも流行してることが裏付けられた格好です。

 

まずは性別でのプレイ率。男性だと、42.1%、女性は36.1%。

 

まあ男性が多いのは妥当ですね。女性もちょっとプレイ率は低いですが、4割近くはいっていいるので、ポケモンは女性にも人気のキャラクターだという事が分かります。

 

ここで注目したいのは、年代別でのプレイ率です。

 

“15~19歳”のプレイ率が“51.2%”と最も高い結果となりました。子供に人気のゲームなのでこの結果は当たり前です。

 

次に、最もプレイ率が低かったのは60~69歳で“15.3%”でした。年齢別では2割弱と低かったとはいえ、ご年配の方もしっかりとスマホでポケモンGOを楽しんでいるんだなと知りました。

 

特に上の世代の方は、普段の生活の中で少しでも歩くという事が健康のためには非常に大切な事なので、運動不足を解消しながら健康増進も兼ねるポケモンGOは飽きずに続けていくといいですね。

今回のまとめ

ポケモンGOは街中を歩いて、そこにいるポケモンをゲットしたり、ポケストップでガチャガチャみたいにアイテムをゲットしていくというのが面白いゲームですが、ゲットしたポケモンを育てていく楽しみもありますよね。

 

散歩がてらポケモンGOで遊んでいたら、いつの間にか体重が減っていたとか、最近体の調子が良くなってきた気がするといった事を感じ始めたら、ポケモンGO様様かもしれませんね。

 

ポケモンGOはタダで行える一番安全で効果的なダイエットの実践方法かもしれませんよ。