最近やたらにニュースの中に「ロードレイジ」という言葉が出てくるようになりました。

 

皆さんも車の運転中にヒヤッとした経験があるかと思います。自分の不注意では、わき見運転やらアクセルとブレーキの踏み間違えなど。

 

免許を取って間もない方だと運転そのものが危なっかしい故に他の車とぶつかりそうになったり、またはその逆だったり。

 

熟練者でも他の車の拙い運転のせいで事故られそうになって頭にきたりするでしょう。

 

でもここで言っている「ロードレイジ」というのは、これとは全然種類が違う問題行動を起こす人々のことを言うそうです。

 

「ロードレイジ」とは何なのか、なぜ運転中にドライバーはキレやすくなるのか、その心理状態ともし自分の身に降りかかった時に取れる効果的な防御方法や対策グッズなどを紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

ロードレイジの意味は?

ロードレイジとは、車の運転中に割り込みしたり、クラクションを鳴らされたり、追い越されたことに対して必要以上にブチ切れて無理やり追い越したり、危険な幅寄せして来たりと事故につながりかねない危険な報復行動を起こす人のことを言います。

 

高速道路なんかで追い越し車線でこっちは普通に追い越したはずなのに、なぜかそれに腹を立ててくるのでマトモなドライバーにとっては、とても厄介な存在ですね。

 

いくら安全運転で走行していても、こんなドライバーがいたら大きな事故に巻き込まれる可能性が高くなります。

 

そもそも、なぜ今頃「ロードレイジ」という言葉が出てきたかというと、特に最近は悪質な運転をするドライバーが急増したからと言われていますね。

 

もっとも「ロードレイジ」という言葉が出てくる以前にもこんな悪質なドライバーは昔もそこらじゅうに普通にいましたよね。

キレる運転手の心理状態とは?

漫画のこち亀に出てくる、バイクに乗ると人格が180°変わってしまう本田速人という白バイ警官がいましたが、こんな感じで普段は物静かな人が車に乗ると、ある程度気性が荒くなる人って一定数いる思います。

 

なぜ車に乗るとキレやすくなるのか。

 

キレやすくなる運転手の心理状態とは、「気持ちが大きくなる」、「うっぷん晴らしの機会」が大きいといわれていますね。

 

バイクや車に乗ると性格がガラッと豹変するこち亀本田さんとはまた違うと思いますが、こういう要素も多少ロードレイジに含まれるでしょうねw

 

車に乗ったら周囲と隔離できるし、周りのドライバーはほぼ見えなくなるので自分の世界に没入できるという心理から自然と気持ちも解放されて大きくなると思われるのだと思います。

 

つぎの「うっぷん晴らしの機会」というのは、そのまんまで気持ちが解放された精神状態からちょっとしたトラブルに見舞われたら、過去に受けたストレスなどが一気に爆発して、あとで考えればありえない行動を起こしてしまうような状態です。

スポンサードリンク

ロードレイジの効果的な対策グッズはこれ!

もし自分が幅寄せされたり、危険な追い越しをされたりすると最悪重大な事故につながるかもしれないロードレイジに合わないためにはどうしたらいいか、ロードレイジを寄せ付けない効果的な対策グッズがいくつかあるので、紹介します!

 

まずは一番効果的な対策グッズと思われるのがこれ!

ドライブレコーダー

運転をする人にとってはもはや定番の「ドライブレコーダー」ですね。

 

最近の車には買った時に標準装備されているようですが、もし付いていないなら、絶対取り付けておきましょう!

 

もし運悪く自分がロードレイジに遭った時は、これがあるのとないのとではその後の解決策が全然変わってきます!

 

そこで一番オススメなドライブレコーダーはこれです!

ドライブレコーダーはたくさんありますが、機能面・性能面でダントツにいいですね!

できるならこれを前と後ろに1つづつ取り付けたいですねw

つぎにおすすめなのがこれです。

こちらは価格は4000円台ですが、見た目のデザインもスマホやデジカメみたいなみたいなスタイリッシュでコンパクト。

 

それでいてなんと赤外線にも対応しているので、夜間にも絶大な威力を発揮する代物なんですよ!

 

そのドライブ映像はキレイでくっきりなので、まるで「○○警察24時!」を見てるようですw

 

次は、ロードレイジに合わないようにするための事前対策グッズです。

録画中を知らせる「ステッカー」

それは「ステッカー」です。ただのステッカーと思われるかもしれませんが、これが結構と効果的に使えるんですよ。

 

そもそもロードレイジはネズミ取りがあるエリアや警察が交通を取り締まっているエリアでは、結構自制心が働いておとなしくなるんですね。

 

逆に何の監視センサーや取り締まりもない道路などでは理性が外れてついつい気持ちが大きくなってスピードを出したり、無茶な運転をするようになります。

 

そんな状況の道路でも、「ドラレコで記録中ですよ!」というステッカー1枚車に貼ってあるだけで、ロードレイジといわれる車が近寄っても、撮られてるという気持ちが強くなるので、無茶なことはしてこなくなります。

 

結構これがお勧めですね!

オススメが何枚かあるので、良さげなのをいくつか紹介します。

私的にはこの辺がオススメしたいですね!

 

一番いいのは、車の前後にドラレコを両方付けて、さらにステッカーを貼ったら鬼に金棒ですね!

もしあおり運転に遭ってしまった時は!

どんな対策をしても、効果のない輩もいます。

 

もし、そんな状況に立たされてしまったら以下のような対策をしてください。

 

  1. もし執拗に煽られても、なるべく感情的にならない。
  2. 速度を安全の限界まで落として、無用な事故を極力防ぐ。
  3. まずは警察に電話する。
  4. 相手から無理矢理停車させられたら、絶対にドアを開けない。
    ドアを開けたら言い合いになったりして、相手から暴力を振るわれたりして結局やられ損になるので、そんな時はそのばで警察に電話をした方がいいです。
  5. 相手の車のナンバーを覚えるか、メモに控えておく。
    逃げられても相手を特定できるのに役に立つ。

こんなところですね。

 

もし被害に遭ったら自分で解決しようとせず、必ず他の人に助けてもらうのが一番いいですね。

まとめ

「ロードレイジ」ってビートたけしさんの映画の「アウトレイジ」みたいで名前の付け方がカッコいいとか言っている人がいますが、これは立派な犯罪行為であって、このような名前を付けるのもどうかと思いますね。

 

もっとヘンチクリンで恥ずかしいダサい名前の方を付けた方がいいと思うんですが・・・。

 

でも最近変なドライバーがそこらじゅうにウヨウヨ出てきているので、運転するときはよく周りを見て気を使いながら走らないいけなくなりましたね。

 

ロードレイジ対策にはこれらのグッズが効果的なので、皆さんも積極的に取り入れるようにしましょうね。