現代は昔に比べれば大きく寿命が延び、よりゆったりと楽しく生活ができるようになりました。昔は平均寿命が大体45~50歳程度だったらしいですからね。それに比べると今は生活水準や医療技術が発達したおかげで、こんなにも長生きできるようになったものです。ありがたいですね。

 

しかし、人間は欲っていうものがどうしても出てきます。どうしたらもっと長生きできるかとか(笑)

 

でも歳は食っていくもので、働き盛りで健康だと思っていても、体の中は徐々に老化が始まっていってます。たとえ体力が衰えて働けなくなっても楽しい老後の生活をしたいと思えば、日ごろの健康があってこそ生きてくるもの。ずっと最後まで元気な体で生活したいですよね。

 

ここでは、どんな方法で生活したら健康で毎日を楽しく過ごせるのか、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

普段のちょっとした努力で老化の進行を止められる!

動けなくなって自力で生活できなくなると介護を受けたり、寝たきりになってしまいます。そんなこと受けずに自力で日常生活を送れる年月のことを、「健康寿命」と言います。最近はテレビでは健康関連の番組が多くなっているので1度くらいは聞いたことがありますよね。

 

 

いつまでも健康であることが長生きの秘訣なんですが、まあ当たり前のことですね(笑)

 

じゃあ具体的にどうすれば、長生きで元気に生活できるのか。どうしたら老化をはっきりと遅らせることができるのか。そこが一番気になりなます。

 

 

老化の原因と仕組みを知ることができれば、そこをピンポイントで変えさえすればいいんです。皆さんは知っている方が多いと思うんですが、老化というのは実は20歳を境に始まっているといいます。具体的には頭がファゲてきたり、老眼になったり、疲れが抜けに行くくなってきたりと色々です。

 

 

もちろん努力だけで老化の進行をすべて止めるということはできませんが、普段の生活の上でのちょっとした注意や毎日の少しずつの努力次第で止められる老化というのもしっかり存在するんです。ちなみに止められない老化というものは「細胞やホルモンの機能低下」です。

 

では具体的に見ていくことにしましょう。

日ごろから運動を毎日欠かさず行おう!

運動と言っても激しい筋トレとか毎日ランニングを長距離するとか、そんな激しい運動ではないです。必要なのは老後になっても歩くのが困難になったり、ちょっした運動でもすぐに疲れてしまう体にしないように、負担のない範囲で適度な運動をできれば毎日行ってもらいたいという事ですね。

 

 

これは、習慣化してくればこっちのもので、基礎的な体力が付くだけでもかなり老化の進行に対する抑止力が働くといいます。筋力や持久力が付くことで身体の細胞が活性化し、新陳代謝もよくなります。

スポンサードリンク

老化の進行の3大要因!

同じ年齢の人で歳を重ねても、全然若々しい人と、老けて見える人といると思います。同じ環境の場所に生まれた同じ年の人でも生活スタイルの違いだけで全然違う人もいます。その違いは何でしょうか?

 

老化を早めてしまう大きな原因はこの3つです。

  1. 活性酸素による酸化
  2. タンパク質の糖化
  3. ホルモン分泌の変化

 

どういう影響があるのか見てみましょう。

活性酸素による体の酸化

人は活動するためにエネルギーを使いますが、それを作り出す際に副産物として身体に害のある【活性酸素】を出します。これは身体を「さび付かせ」て老化を早めたり、ガンなどの病気の原因を起こす原因となります。

たんぱく質の糖化

AGEといいます。これは非常に強い毒性を持っていて、老化を早めるだけでなく、成人病など様々な病気を起こす大きな原因といわれています。食べ物から入るものと、体内で作られれものがあります。

ホルモン分泌の変化  男性ホルモンや睡眠にかかわるホルモンなどが不規則な生活ストレスなどを受けることによって自律神経が乱れ、体に異常を起こす原因となります。

これらが老化の原因の3大要因といわれ、加齢に伴う身体の老化に深く関わっています。この3つは老化の仕組みが科学的に解明されたものです。この3つが老化の進行に関わるという事は、これらの要素を排除するような生活を営めば無駄に老化を早めてしまう事が無くなるわけです。

 

 

今度は、老化を遅らす対策方法を見ていきましょう。

たった3つの方法で老化の進行を遅らせる

それでは、具体的に説明していきます。とっても簡単でやり続けても辛いこともないので毎日でもできるようになりますよ!

 

  • 活性酸素による体の酸化
    抗酸化物質のある食材や、活性酸素を除去する酵素体内で生産できる材料となる亜鉛を多く含む牡蠣やレバーなどの食材を積極的に食べる。タバコ暴飲暴食お酒の飲み過ぎ早食い、体に負担のかかる激しい運動を避ける。不安やストレスを溜め続けない。

 

  • たんぱく質の糖化
    砂糖の入った甘々の食品の摂取を避ける。早食いをして急激に血糖値を上げない(食べ始めはまず、野菜から摂取する。一番最後にご飯を食べ終わる)。食事はゆっくり時間をかけて食べる。砂糖の焦げたようなものは絶対に食べない(AGEの塊です)

 

  • ホルモン分泌の変化
    毎日質のいい睡眠を心掛ける(理想の睡眠時間は7時間。遅くとも夜11時には寝たいですね。)。ストレスを溜めないような生活をしてみる。どうしてもストレスから解放されないような感じだったら、思い切ってその環境から逃げてみる。

 

これらの対策は、日ごろの生活習慣をちょこっと見直すだけで出来てしまいますよね。難しくはありません。たったこの3つの対策をやるだけで劇的に老化の進行を遅らせることができてしまうんだったら、やらない手はないと思いませんか?

 

 

高いお金を出して、エステやジムなどに行かなくても、ちょっとだけ生活を工夫するだけでいいのです。タダでできます。効果的に老化の進行を遅らせることが可能です。

今回のまとめ

今回は自宅で誰でも簡単にできて、老化の進行を効果的に止められる方法を説明してきました。老化の原因が分かりさえすれば、そこにメスを入れて改善する手立てを考えればいいだけなんですよね。難しいことは一切ありませんでした。