たま~にお店でスマートフォンをかざして商品のJANコードをスキャンしながら、大量に買い込む人を家電量販店やスーパーなどで見た事はありませんか?

 

こういう人たちはいわゆる“せどり”と呼ばれる転売をやられている方だと思います。

 

“せどり”というのはスマートフォンとクレジットカードさえあれば誰でも簡単にできる副業になります。

 

せどりは目利きが一番大事ですが、それ以外の事でどんな事に注意を払わなければならないか。

 

初めてせどりにチャレンジする際に注意しなければならない事をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

クレカで商材を大量購入するとどうなる?

クレジットカードの規約には購入した商品を転売する事を禁止するという規約があります。

 

例えば、換金性の高いゲーム機やゲームソフトなどを大量購入したら、一体どうなるのか?

 

ある店では『あれ?使えない!』とか逆にここの店では『あっ、使えた!

 

などという謎の状況になる場合があります。

 

例えばコンビニでは使えるけど、ブックオフでは使えない。

 

スーパーで使えるのに、家電量販店では使えない。

 

ほとんどの方はこんな経験は無いので、こんな事は普通あり得ないと思うかもしれませんが現実に経験している方もいます。

 

もちろんこれはクレジットカードの磁気不良でも、限度額オーバーなんかでもありません。

 

ある飲食店で使えたのにほかの飲食店では使えない時もありました。

 

どうしてこのような事が起こるのでしょうか? 変な使い方をしたせいで何らかの不正防止プログラムが作動したのか?

 

それともカードの使い方が怪しいと疑われてしまって、クレジットカード会社から何らかの対策をされてカードを使えなくされてしまったのか。

 

このようにカードを使っている利用者としては、実際のところ明確な答えはわかりません。

 

なのでこれからせどりをしようと思われる方は、クレジットカードによる仕入れはあまりオススメできせん。

 

商材の仕入れの決済にクレジットカードが使えないとなれば、それに代替する商品の大量購入と支払方法を考えないといけませんが、じゃあどのような方法があるのか。

 

それは『デビットカード』。あるいは電子マネーや商品券です。

 

デビットカードでは、商品の購入時に銀行口座から即座に引き落とされるのでとても便利です。という事は口座にまとまったお金がないと利用できませんが、せどりには”デビットカード”がとても相性がいいです。

 

転売ビジネスを始めたばかりで資金がない時に限りクレジットカードで回し、ビジネスが回り始めたらデビットカードに切り替えて、それ以降はデビットカード運用するのがいいでしょう。

 

電子マネーの場合はポイント加算があります。電子マネーでは現金チャージの為、資金繰りに回らなくなるリスクはありません。

 

商品券は、金券ショップで額面よりも安く購入可能です。

 

電子マネーですが、どの電子マネーがオススメかというとWAON、Edy、ナナコ、Suicaがあります。

 

WAONの使用可能範囲が拡大していてメインで使用すると良いかなと思います。

 

商品券については、クレジットカード会社が発行する物ならほぼ利用可能です。

 

電子マネーではお店によってはお釣りが出ない場合があるので、会計時には今一度確認が必要です。

 

せどりでの商品購入時にはデビットカード、または商品券や電子マネーを利用する事をオススメします。

スポンサードリンク

上手に転売をするために

転売というのは価格差で利益を出します。

 

せどりの管理を徹底するには商品購入時のレシートを捨てないでしっかり保管する事とクレジットカードに頼らない仕入れをオススメしたいと思います。

 

レシートに関しては月毎に分けておくのが良いと思います。仕分けが楽になります。

 

レシートに書いてある品名が不明確な場合は、商品購入時のレシートに自分で何を買ったのか書き込むとわかりやすいでしょう。

 

もし使っているクレジットカードが使えなくなったら、その後の買い物が不便になるので、そうなる前に電子マネーや商品券を使った方法を考えてみてください。

 

クレジットカードの規約を熟読し、転売目的で安易にクレジットカードを使い過ぎると後々大変な事になりかねません。

 

通常のお買い物などが出来ないだけでなく、不審な使い方をしているとマークされてしまう恐れがあります。 もし規約を違反した場合は、強制解約という流れになってしまいます。

 

仕入れの際には商品券を数枚と電子マネー、現金そして万が一の為にクレジットカードというような4段階でお財布の中に準備しておくと良いでしょう。

 

各店舗のポイントカードも今はスマートフォンのアプリに登録できるので、アプリを入れておくと便利です。

今回のまとめ

転売した利益計算を常に記録していきながら、その時の利益幅を見て経験を積んでいくと良いと思います。

 

もし購入した商品が売れなくて困り果てた場合の最終手段は“損切り”です。こればかりは勉強代として一つの経験になります。

 

このような事はほとんど発生しないかもしれませんが、もし購入した商品がプレミアもので、そのプレミア商品がネットなどで話題になったら、あとは時間との勝負になります。

 

話題になってから一歩も二歩も出遅れてのプレミア商品の仕入れはリスクが高いです。 人気商品の価格は一時的なピークを過ぎれば一気に下がっていきます。

 

また定価超えというのも短いものです。 あっと言う間に人の手に商品が行き渡れば必ず売値は下がります。

 

プレミア商品の仕入れから転売実行までの時間的に厳しい場合はやらない事をオススメします。

 

このように見極めが難しい部分もあったりはしますが、それも経験を積むことにより段々安定して売れ筋が見えるようになってきます。

 

そうなると占めたもので、仕事として面白味が増してくるでしょう。

 

この転売を仕事をとして始めた時は軌道に乗るまで安定せず、厳しいかもしれませんが根気よく続けることが成功の近道ではないかと思います。