深夜のアメトーーク!のコーナーの運動神経悪い芸人でプチブレイクを果たしている東京03の豊本明長さんですが、この間のニュースで二股をしているという不倫騒動で世間を賑わせました。

 

以前から半同棲状態といわれている女子プロレスラー(リングネーム:ミス・モンゴル)の上林愛貴(かんばやしあき)さんと、女優の濱松恵(はままつめぐみ)さんとの間での不倫です。

 

その濱松恵さんが不倫関係の事で色々と暴露していますが、その中でも特に気になったのが東京03の豊本明長さんがある大物芸の陣の悪口を言っていたという事を暴露していました。

 

詳しい内容まではいいませんでしたが、こんなことを聞かされたら、気にならないわけがありません。

 

そこで東京03の豊本明長さんが悪口を言っていた大物芸能人はいったい誰のことを言っているのか調べてみることにしました!

スポンサードリンク

豊本明長さんが悪口を言っていた大物芸能人って一体誰?

芸能界は本当に色んな考え方を持っている人たちが沢山います。意気投合する人たちがいれば、そうじゃない人たちも色々です。

 

もちろん芸人の世界でも同じことで、テレビの前では楽しい雰囲気の中で盛り上がっていますが、実際はそうじゃない事も沢山あるでしょう。

 

豊本明長さんが結成している漫才コンビの「東京03」も例外じゃないですね。その豊本明長さんが苦手な先輩や後輩芸能人もいると思います。

 

その中で彼が悪口を言っていた大物芸能人なんですが、悪口を言うまでになってしまったという事は過去に嫌な思いを経験させられたんでしょう。

 

その大物芸能人はいったい誰なのかと調べてみると、どうやら本当に大物の芸能人が浮かび上がってきました!

 

その人は今はもう芸能界にはいなくなった「島田紳助」さんだったんです!

 

島田紳助さんは芸能界ではかなり恐れられた存在だったらしいので、豊本さんも島田紳助さんに対してはかなり苦手意識を持っていたんじゃないかと推測できますね。

スポンサードリンク

豊本明長が島田紳助を嫌いになった理由はオールスター感謝祭が原因だった!

豊本明長さんは島田紳助さんに対してどんなな悪口を言っていたのかは分かりませんが、なぜ豊本明長さんが島田紳助さんの悪口を言ってしまうようになったのか。

 

その原因のというのが実は2009年に島田紳助さんがまだ芸能界で活躍しているときに人気だった伸介さんの看板番組の「オールスター感謝祭」での出来事だったようです。

 

この番組に東京03も参加していたんですが、番組のMCである島田紳助さんがシルクドソレイユの演舞中に回答者席に座っていた「東京03」に詰め寄り、胸ぐらをつかんで恫喝したり、中には生放送なのにもかかわらず、暴○を振るったとかも言われています。

 

なぜそんなことになってしまったのかというと、東京03が島田紳助さんの楽屋へ挨拶をしなかった事が事の発端で、その後オールスター感謝祭の収録中ずっとやる気なそうにして態度が悪かったのが気に食わなかったらしい。

 

そして、島田紳助さんが生放送中なのに切れてしまって暴走して放送事故を引き起こした最大の原因は、休憩終了後に始まったシルクドソレイユの演舞中に東京03が遅れて回答者席に来てしまったのが一番腹が立ったそうですね。

 

その時に島田紳助さんが猛烈な形相で東京03に詰め寄り、恫喝や暴○まがいな行為を生放送中に受けてしまったその時のことが相当なトラウマになってしまったようです。

 

あれから8年ほど経ちますが、彼らはいまだにその時の事を鮮明に覚えていて何年たった今でもずっと脳裏から離れないらしいですね。

まとめ

豊本明長さんもそうですが、角田さんや飯塚さんもこの時の嫌な思いでがありながらも、芸能界を引退せずに一生懸命頑張ってここまで来れたのはさすがだと思いますね。