さて、今年ももうあとわずかになりましたね!

 

お笑い好きには毎年恒例のあの番組の例の「絶対に笑ってはいけない」シリーズがそろそろ見られる時期に迫ってきました!

 

さて今年の「絶対に笑ってはいけない」シリーズはどんな内容になるのか非常に楽しみではあるんですが、松本人志さんが出演しているワイドショー番組の「ワイドなショー」でもボソッと言っていましたが、もう既に11月上旬に撮影収録を終えたそうです。

 

そのあとすぐに「ワイドなショー」に出演したという事から発言されたと思うんですが、撮影場所では近隣住民からそれらしい撮影車やスタッフ、そして芸能人らしき人たちを見かけたという人もいて沢山ツイートされていました。

スポンサードリンク

ということは、多分そこが今回の「絶対に笑ってはいけない」シリーズのロケ地になんだと予想されますね。

ツイートから判明!今回のテーマは「科学研究所」

「絶対に笑ってはいけない」シリーズのロケバスはとにかく目立つので、近隣住民からも続々と目撃されたようなんですが、写メ付きで寄せられたツイートから判明したのは、今回の「絶対に笑ってはいけない」シリーズは「科学研究所」をテーマにしたものになっていると分かりました!

 

科学者アインシュタインがデザインされたおしゃれな純白の今回のロケバスの側面には「ガースー黒光り科学研究所」の文字がデカデカと書かれていて、「絶対に笑ってはいけない」ロケの最中だったんでしょう。

 

このロケバスを見られた人たちはラッキーですね!

 

大晦日のガキの使いの恒例のスペシャル番組が地元へ撮影に来たというのは、滅多にありませんから。

絶対に笑ってはいけない科学研究所のロケ地はどこ?

ガキの使いの「絶対に笑ってはいけない」シリーズは過去10作品の撮影時期はだいたい秋口に行われています。開始時はおおよそ曇り空でみんな寒がっている印象がありました。

 

過去の撮影時期の目撃情報を集めてみると大体11月の第2週目あたりが多い印象があります。

 

今回の絶対に笑ってはいけない科学研究所のロケ地ですが、どうやら埼玉県の狭山市にある「狭山市立東中学校」が今回の撮影の拠点であり、ストーリのメイン舞台なようですね!

 

【狭山市立東中学校】

【ストリートビュー】

 

この時期は春みたいですね。桜がすごく綺麗です!

 

今回のロケ地の舞台ですが、なぜここにしたのかというと、この学校は実は今年の2016年(平成28年)3月31日に閉校したみたいなんです。こんなに雰囲気のいい学校なのに閉校したなんてとても残念ですね。

 

でも閉校した学校という事で、ロケをやるには最適だったんじゃないでしょうかね。

 

それに、この学校はテレビドラマ、紙袋をかぶった男子高校生と彼に恋する女の子を描いた高校生活の中で繰り広げられる青春ラブストーリーの

 

「こえ恋」のロケ地にもなったばかりで、この辺からも閉校になったばかりのこの学校がロケをやるには最適な場所と判断したのかもしれませんね。

スポンサードリンク

多分今回も6時間以上の放映がされると思うので、スタッフたちは夜遅くまで撮影に頑張っているでしょう。深夜までこの学校に電飾が輝いていたり、、ロケバスがあわただしく移動していたりしていたそうですから。

 

そして同じ区内の「入間中学校」でも同時に撮影が行われていたようで、ここでの目撃証言が相次いでいましたね。

 

希望的予想ではここは「生物実験の巨大な実験設備」とかで、実験に失敗した研究者や実験対象の生物がゾンビとなって夜中襲ってくるみたいな、そんな設定も考えられるような気がします。

 

今回の撮影がどのようになって編集されて、テレビで放映されるか楽しみですね!

今回のまとめ

毎年楽しみにしている絶対に笑ってはいけないシリーズですが、今回は「絶対に笑ってはいけない科学研究所」という事で、どんな内容で楽しませてくれるのかワクワクしますね!

 

今回の豪華なゲストが出てくることは間違いないと思いますが、科学研究所ということででんじろう先生が“ブラックでんじろう”として出てきて、かなりデンジャラスな科学技を披露してくるんじゃないかと思っていたりします。