平昌オリンピックで

今、注目を集めている人がいます。

それがアンティ・コスキネンさん。

フィンランド代表のコーチだそうですが

なぜか手に編み物を・・・

 

そんなアンティ・コスキネンさんの編み物男子っぷりや

何を作っているのか、なぜ編み物をしているのか

などについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

アンティ・コスキネンって誰?

今、Twitterやネットで話題になっているアンティ・コスキネンさん。

あの編み物をしてる人は誰?何者?

など結構な勢いで話題をかっさらってますねw

 

調べてみた所、

どうやらフィンランドのスノーボード代表の

ナショナルコーチなんだとか。

 

まぁ、トンテリ選手に檄を飛ばすくらいなので

関係者ではあると思っていましたが

なんせ手元が気になっちゃって(笑)

元々、何を話しているかわからない分

あの編み物男子は一体何?となりますよね?

 

個人的には存じ上げませんでしたが

アンティ・コスキネンさんはソチオリンピックでも編んでいたようで

目ざとい方たちはTwitterなどで

ソチでも編んでた」というコメントをしています。

 

ソチでも平昌でもコーチを務めているということは

この編み物男子、コーチとしてはかなり優秀なんでしょうね♪

作っている編み物は何?

さてさて、編み物男子のアンティ・コスキネンさん。

せっせと何を作っているんでしょう?

なんでもミトンやマフラーなどの防寒グッズを編んでいるそうです。

マフラーは簡単そうですが、ミトンって!

結構レベル高めじゃないですかねぇ~

しかし、フィンランドの学校の授業で編み物は男子に人気があるとか。

日本ではそんなの部活やクラブ活動くらいしかないですよね。

 

ましてや授業に編み物があるだなんて・・・

フィンランドでは当たり前のことなんでしょうか。

 

だったらフィンランド男子、女子力高っ( ゚Д゚)!

日本の女子も誰もが編めるわけじゃないですからね。

 

残念ながらトンテリ選手は決勝進出出来ませんでしたが

アンティ・コスキネンさんは、是非また観たいですよね♪

スポンサードリンク

 


誰に対して作っているの?

そもそも、器用にせっせと編んでいますが

誰にあげるんでしょうね?

 

調べてみた所、まず選手にあげることが前提ではなく

編んでいる理由は心理カウンセラーの提案で

普段通りのスタイルでリラックス効果のために編んでいるんだそうです。

 

スタートする際にもこれが採用され

トンテリ選手からアンティ・コスキネンさんにお願いしたようです。

フィンランドでは編み物男子は日常なんですねぇ~

 

結局、色々な防寒グッズを制作しているわけですから

選手たちにプレゼントしているんだとか。

しかし、アンティ・コスキネンさんの手はむき出しで寒そうですw

編み物はミトンしては出来ませんからね。

自身の防寒もしっかりして欲しいと願うばかりです(笑)

まとめ

今回はフィンランド・スノーボード代表のナショナルコーチ

アンティ・コスキネンさんについて調べてみました。

 

いやぁ~編んでますねぇ(笑)

しかも話ながら手元見ず編んでます。

どんだけ器用なんでしょう(?_?)

 

ミトンやマフラーだけじゃなく、他の物も編めそうですよね。

ただ、編んでる理由はちゃんとあったんですね。

まさかの心理カウンセラーからの助言だったとは驚きでしたけど。

 

相当防寒グッズを作っていると思うので

選手たちも毎回もらってどうしてるんでしょう?

そもそも暖かいのかなぁ?

 

今回のオリンピックでも

話題と謎を残してくれたアンティ・コスキネンさん。

次回のオリンピックでもコーチであることを熱望します(^^♪

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています