サッカーワールドカップ

ロシア杯日本代表とポーランドが激戦なのか戦い続けて、まさかの1点を取られてしまいましたが、試合が終わってみると日本代表は決勝に進めることができました。

 

でも、ここで疑問が出てきますね。

 

ポーランドとの戦いには負けてしまいましたが、「えっ?負けたのに決勝に進めるの??」と。

 

ここで出てきたワードが「フェアプレーポイント」というやつです。

 

フェアプレーポイントというものが適用されたことで、日本は負けたのに決勝トーナメントに進めることができたんです。

スポンサードリンク

じゃあこの「フェアプレーポイント」は何なのか、ルールを調べてみました!

1点取られた後半戦は逃げの姿勢で大ブーイングに!

日本VSポーランド戦は大激戦でしたね!

前半戦はとにかく見ごたえがありました。

 

ただ、日本勢の力強く攻め込んで相手チームをピンチに追いやった場面が何度もあったのに、結局1点を取られてしまいました。

 

でもまだまだ時間はたっぷりとあったので、ここから取り返せば問題はない!

 

と、思っていたんですが相手チームはなかなかの強豪なので取り返すことができずに後半も終盤戦に持ち込まれてしまいました。

 

終盤は残り時間がとにかく少なかったので、このままだとヤバイと思ったんですが、ここにきて先に対戦したセネガルとコロンビアの試合結果によって日本代表は2位のままとなったようですね。

 

日本はポーランドに負けたのにも関わらずに、順位が依然2位のままとなったのは、幸運でしたね!

 

さながら「棚から牡丹餅」という感じでしょうか(笑)

 

日本が2位のままとなったのが確定されたので、1点を取り返す必要がなくなったことから、後半戦は消化試合のように選手同士でパスを繰り返したり、だらだらと時間稼ぎなどしたりしてやり過ごしていましたね。

スポンサードリンク

 


仮に1点を取り返す必要がなくなっても、積極的に攻めていってほしかったですよね。

 

これは日本サッカーの伝統というか悪い癖だと思いますよねw

 

せっかく飛行機代や連日の宿泊費などの高いお金を出してまで他国に行って楽しみにして観戦してきているのに、その人たちの楽しみを削いでいるような行動をしていたので、この日本選手の行動に対してネットで大ブーイングになっているんです。

https://twitter.com/kyo_akiyama/status/1012366599280422913

 

海外サポーターの間では結構な大ブーイングになってるんですが、こんな意見も。

https://twitter.com/iwgpokada0619/status/1012365758330834944

ブーイングは確かに分らないでもないですが、こういう戦略というかやり方もあっていいんじゃないかと思いますね。

スポンサードリンク

 


フェアプレーポイントってなに?

フェアプレーポイントとは簡単に言うと、警告や反則のポイントによってもたらされる順位決め。

 

というやつです。

 

リーグ戦の順位を決めるときに、相手チームの「得失点差」や「総得点」、そして直接対決したときの結果などで、最終的な順位が決まらなかった場合に発生します。

 

例えばこれ。相手チームが以下のようなカードを切られた時

 

イエローカード警告:マイナス1点

2度目の警告による強制退場:マイナス3点

一発退場のレッドカード:マイナス4点

 

とルールで決められています。

 

今回の試合では、先に戦ったセネガルよりも日本代表の方が、総合的な反則数が少なかったので、セネガルよりも上位に食い込むことができたというわけですね。

 

逆に考えたら日本がセネガルより切符を切られた数が多ければ、確実に敗退していました。

 

なので、日本よりも反則切符が多かったセネガル様様というわけですね^^

 

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています