国民的アイドルの木村拓哉(キムタク)さんは2人のお子さんがいらっしゃいます。

 

一人はこの間グラビアデビューした木村拓哉さんと工藤静香の次女「Koki(光希)」さんと長女の心美さん。

 

既に家庭を持っていますが、木村拓哉さんには実弟がいるのを知っている人は実はあまりいないかもしれません。

スポンサードリンク

そのキムタクの弟さんは学生時代に日本代表に選ばれるくらい優秀なアメフト選手だったという事も知らないんじゃないでしょうか。

 

今回はキムタクの弟のキムサクさんの経歴や学歴などについてまとめてみました。

木村拓哉の弟で名前はキムサク

木村拓哉さんのニックネームはもちろん「キムタク」ですが、彼の弟さんの名前はキムタクをもじっているのか「キムサク」と呼んでいるらしいですw

 

そしてキムサクさんの顔画像はというと、彼は芸能人でもないので公表されていないのかと思いきや、意外と簡単に見つかりました。

 

兄のキムタクさんの七光りというべきなんでしょうかね^^

イケメンのキムタクの弟というだけあって、整った顔立ちですね。というよりキムタクより、さらに男に磨きがかかったような感じですね。

キムサクさんの経歴・学歴

キムサクさんは高校時代はスポーツにいそしんでいたようで、上の顔画像からも分かるように体格も良さそうなので柔道とかレスリングなどやっていたと思えるようながっちりした感じが伝わってきます。

スポンサードリンク

 


という事で彼の経歴・学歴を見てみたいと思います。

生年月日:1979年7月29日
年齢:38歳
出身地:千葉県千葉市
出身校:東京堀越高校
出身大学:日本体育大学体育学部体育学科
身長:180cm
体重:89kg
愛称:キムサク

体重が89kgと言ったら相当な体格ですよね。

それと注目なのが彼の出身大学です。日体大の出身という事でやはりこの大学に入って一流の選手としてアメフトの技術を極めていたという事ですね。

 

高校は「東京堀越高校」に通ってたようですね。当然兄貴の木村拓哉さんも同じ出身だったので、キムタクも「東京堀越高校」に通ってたんでしょうね。

キムサクさんはアメフトの注目選手だった!

キムタクさんが日本体育大学体育学部体育学科に入ってからは、ゴリゴリの鍛えっぷりで、その日々のトレーニングの成果が実を結び、大学在学中に鍛えた腕を買われて大学卒業後の2002年4月に「アサヒビールシルバースター」に入団することになったようです。

 

その翌年の2003年には、ドイツで開催された第2回アメリカンフットボール・ワールドカップの日本代表メンバーとしてチームに参加して連覇に貢献したようです。

スポンサードリンク

 



更にその翌年の2004年には当時付き合っていた23歳の一般女性と結婚しています。

そしてキムサクさんがアメフトを引退した後は、当時の2002年に高校時代の同級生だった「老川一平」さんと2人でアパレルブランドの「シュイップ(SHUIP)」を起業して現在はファッションデザイナーとしても活動しているマルチっぷりを発揮してます。

日大との関係は?

ここで気になるのが最近日本中を騒がしているあの教育組織の日大です。

 

キムサクさんが通っている大学は「日本体育大学」なので略すと「日体大」ですよね。

 

そして現在問題になっているあの大学名は「日本大学」で、略して「日大」です。

スポンサードリンク

 


ここで勘違いされやすいのが「日体大」と「日大」の違い。もうお分かりかと思いますが。これらの大学は名前が微妙に違うだけで両社の大学は全然別物です。

 

なので日体大と、日大は全く関係性がありません。現にこれらの勘違いで「日体大」にも抗議の電話が鳴りっぱなしというとらしいので、日体大にしてみればいい迷惑になってる状況ですねw

まとめ

今回はキムタクのお唐宇都のキムサクさんにの経歴や学歴、そして日大との関係についてまとめてみました。

 

キムサクさんはキムタクと違っガテン系というか、ゴリゴリの現場タイプの男らしいイケメンという事が分かりました。

 

それよりもキムサクさんがアメフトの日本代表に選ばれるくらいの実力の持ち主でワールドカップに出場したこともあったというのは初めて知りましたね。

 

しかも現在はアメフトから完全に逆の職業のアパレル会で事業を立ち上げてファッション関連の仕事もやっているという事には驚きました。

 

現在もシュイップ(SHUIP)を営業しているので、興味のある方は一度立ち寄ってみてもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています