先日、アメリカの宇宙ベンチャーが民間月旅行の顧客第1号として

日本人が手を挙げたことがニュースになりました。

 

その日本人とは、ZOZOTOWNの社長・前澤友作さん。

前澤友作さんといえば

剛力彩芽さんとの交際で世間を騒がせていますねw

 

今回はそんな前澤友作さんについて

色々調べてみたいと思います。

民間月旅行の第一号に名乗り

月に向かうスペースXのビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)の

最初のシートを全て購入したという前澤友作さん。

まずは、そんなビッグなことをやってしまう

前澤友作さんの簡単なプロフィールをご紹介します。

 

名前:前澤友作(まえざわゆうさく)
生年月日:1975年11月22日
出身地:千葉県鎌ケ谷市
身長:162㎝
血液型:O型
趣味:ワイン好きで自宅や倉庫に数千本のワインを保管。

 

 

高級車のコレクターでエルメス仕様のブガッティ・ビェイロン

特注仕様のパガーニ・ゾンダなどのスーパーカーを多数所有。

 

View this post on Instagram

#buggati #chiron #bugattichiron #thisisart

A post shared by Yusaku Maezawa (MZ) (@yusaku2020) on

 

さらには現代アートのコレクターでもあり

オフィスには著名な作家の作品が飾られています。

 

それが

ZOZOTOWNを運営している「スタートトゥデイ」の

代表取締役社長である前澤友作さんです。

彼の経歴は本当に異色で

1993年3月、早稲田実業学校在籍中に

インディーズバンド「Switch Style」を結成しドラムを担当。

 

その後の1995年に輸入レコードやCDの通信販売ビジネスを開始。

そして1998年には、有限会社スタート・トゥデイを設立。

 

同時期にBGM JAPANからバンドとしてメジャーデビュー。

2000年4月、有限会社スタート・トゥデイを

株式会社スタートトゥデイに改組しました。

 

それ以降の経歴は以下

  • 2001年、バンド活動を停止し、経営者としてビジネスに専念。
  • 2007年12月、株式会社スタートトゥデイが東京証券取引所マザーズに上場。
  • 2012年2月、株式会社スタートトゥデイが東証第一部に市場変更。
  • 2012年11月、公益財団法人・現代芸術振興財団を設立。
  • 2013年10月、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」の運営を開始。
  • 2016年、フォーブスが発表する

彼は「日本の富豪50人(Japan’s 50 Richest)」で14位にランクインしました。

 

早稲田実業学校(偏差値約75)へ進学しますが

2年生からは音楽活動が中心となり

出席日数ぎりぎりまでほぼ通わなくなったそうです。

 

通わなかった間、バンド練習のためのスタジオ代や

アメリカへの旅費を稼ぐためにアルバイトに励んでいました。

 

高校卒業後、半年間アメリカへ音楽遊学。

元ミュージシャンという経歴を持ちながら

自社で運営しているZOZOTOWNを

日本最大級のアパレル通販サイトとして急成長させています。

 

一方で、地元・千葉や災害地域への支援活動に積極的で

2011年には千葉マリンスタジアムの改装工事費を個人で寄付。

 

 

2016年の熊本地震の際には

熊本県と大分県に1,000万円を寄付しています。

 

アパレル業界の革命児とも言われている前澤友作さん。

月への憧れが強く大好きで

どうしても月に行ってみたかったんだとか。

それで今回のこの発表です。

 

最初の月周回飛行の乗員を前澤友作さんと指定。

すでに宇宙船の全シートを購入

様々な分野から選んだ6~8人のアーティストと一緒に月を目指します。

一部ではイーロン・マスク氏と2ショットを撮ることに意味があり

 

世界進出への足掛かりだとも言われていますが

いずれにせよ

実現すれば世界初の「月旅行客」になることは間違いありません!

月旅行は何泊の予定でいつ出発?

人類が月周辺に到着するのは

1972年のアポロ17号以来となるそうです。

それも民間人としては人類初めてのこと。

 

そんな月旅行を前澤友作さんは果たそうとしているんです。

彼は民間人としては本当に記念すべき第一号となるんですね。

 

本当に素晴らしいし、すご過ぎます!

 

 

このプロジェクトの名前は「#dearMoon

公式のサイトによると

・2018年 プロジェクト発表・メンバー選考開始
メンバー確定、訓練・準備期間

・2023年 Lift Off

作品制作期間

作品公開期間

・202X年 #dearMoon Exhibition on Earth

となっているので

スケジュール通りであれば2023年に月に行くことになりますね。

旅行期間は約1週間だという話です。

個人的には夢のような話で、全くついていけませんw

 

今は民間人も(もちろん、金銭的に余裕のある人限定ですが)

月旅行を楽しめる時代がやってきたんですね♪

民間の月旅行の費用っていくら?

ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)を

一機まるごと契約したとされる前澤友作さん。

 

費用については答えませんでしたが

過去にNASAがロシアからソユーズへの購入した際の金額は

1席あたり7470万ドル(約84億円)~8170万ドル(約92億円)

の金額を支払っているので

最低でもこれだけの金額は払っているでしょう。

 

アーティストを8名搭乗させたとして

前澤友作さんも込みで全部で9名。

最低約92億だとするなら

日本円で約828億円は払っているということです(゚д゚)!

 

さすが一代で1兆稼ぐだけのことはありますね。

自身の夢のためなら、お金は惜しまないということでしょうか。

彼女の剛力彩芽は同行しない?

最近は剛力彩芽さんとの交際が取り沙汰されている前澤友作さん。

お揃いの指輪でもしてるんでしょうか?

薬指に指指輪をはめています。

 

View this post on Instagram

Smile with me #BeUniqueBeEqual

A post shared by Yusaku Maezawa (MZ) (@yusaku2020) on

 

よく見ないとわかりませんし

それより高そうな腕時計に目がいってしましますが(笑)

 

まぁ、そこはさておき。

彼女である剛力彩芽さんは一緒に月旅行へ行くんでしょうか(?_?)

 

剛力彩芽さんの事務所の発表では

今回のプロジェクトは事務所と関係ない。

剛力は女優で、前澤氏の言うアーティストとは違うと思う」と説明。

今の所、剛力彩芽さんが同行するということはないようです。

 

ですが、それは現時点の回答であり

いざ月旅行となる日がくれば

その時まで交際が続いているなら

一緒に行く可能性はあるのではないでしょうか?

とりあえず、2023年まで交際が続いていればの話ですけどね♪

まとめ

今回は急成長を遂げた企業ZOZOTOWNの社長

前澤友作さんについて調べてみました。

 

民間人初の月旅行ですよ。

夢がありますねぇ~

もちろん、それに対する対価はそれなりのものですけど。

 

剛力彩芽さんも噂では

この発表の際に

一緒にイーロン・マスク氏の所へ行っていたらしいですね。

まぁ、自分のカッコいい所を彼女に見て欲しいでしょうからね。

 

2023年まで後数年。

これが現実となれば

前澤友作さんは

海外でも認められる起業家になること間違いなしでしょうね♪

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています