新型コロナウイルスについての解説のため

日々、情報番組に出演している岡田晴恵さん。

 

朝はテレビ朝日系、夕方はTBS系の番組が多いですね。

最近はメディアへの出演で、オシャレになったとも。

 

今回はそんな白おう大学の教授でもある岡田晴恵さんについて

色々調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

岡田晴恵とは?

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界中で広まり

日本でも猛威を振るっていますね。

そこで警鐘を鳴らしているウイルスの専門家・岡田晴恵さん。

まずはそんな彼女の簡単なプロフィールをご紹介。

名前:岡田晴恵(おかだはるえ)
生年月日:1963年
出身地:埼玉県
所属:白おう大学教育学部

日本の公衆衛生学者。白おう大学教育学部教授。

元国立感染症研究所ウイルス第三部研究員。

専門は感染症学、公衆衛生学、児童文学。

 

共立薬科大学(現・慶應義塾大学薬学部・偏差値約65)大学院薬学研究科修士課程修了。

順天堂大学(偏差値約70)大学院医学研究科博士課程を中退。

ドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所、

(アレクサンダー・フォン・フンボルト奨学研究員)

厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員、

日本経済団体連合会21世紀政策研究所シニア・ アソシエイトなどを経て

現在は白おう大学教育学部(偏差値40~45)の教授をしています。

スポンサードリンク

 


コロナの女王と言えば岡田晴恵。SNSでは疫病アイドルとも

連日「羽鳥慎一モーニングショー」に出演し

コロナウイルスの恐ろしさなどを解説している岡田晴恵さん。

Twitterなどでも「ステキ」という声や

 

「おしゃれになってきた」など注目を集めているようですね。

 

岡田晴恵さんを「疫病アイドル」と称する声も上がっています。

まぁ、アラ還でしょうから、さすがにアイドルは厳しいかとw

 

現在は大学の方がお休みなため

今では

羽鳥慎一モーニングショー」にコメンテーター席に鎮座しております。

 

テレビに出演するようになってきて

色々とメイクや髪型なども変わってきています。

その変化に気付いた方は多数いるようで

メイクの解説や髪型についてTwitterにアップしてますね。

ディスりも中にはありますけど・・・

 

ただ、人は見られることを意識すると

キレイになろうと努力するのを

体現されているお方ではないでしょうか。

スポンサードリンク

 


一時は「バイキング」にも出演したことがありますが

チョット発言が宜しくなかったようで

コロナ感染者数を示すボードに「氷山の一角。

見なくていいかなって」発言してしまったんですよ。

その問題の動画がこちら↓

 

※音量をあげてご視聴下さい。

 

「バイキング」には3回程出演していましたが、それ以降は出ていません。

ぶっちゃけ、岡田晴恵さんのあの話し方

「ですから」「私は」「今まで散々申し上げてきました」など

メイン司会者の坂上忍さんとは合わなさそうですしねw

 

今は夕方放送の「Nスタ」にも出演しています。

これだけ引っ張りだこなんですから

コロナの女王」なんて言葉も出てきますよね(^-^

岡田晴恵がウイルスの実験データを捏造した疑惑が浮上

今やコロナバブルと言われる程

色々な情報番組に出演していますね。

 

一番多く出演していた際には番組出演数は何と5本

月曜~金曜日まで

「羽鳥慎一モーニングショー」「Nスタ」に出演。

 

「サンデーモーニング」など様々な番組に出演していますよねぇ。

 

そんな岡田晴恵さんが過去に実験データを捏造したと疑われています。

問題になっているのは岡田晴恵さんが2001年の1月に発表した

はしかの細胞性免疫に関する論文。

 

はしかにかかると、免疫が一時的に下がりますが

論文ではその実験テーマがキレイすぎる人為的など

データの改ざん疑惑が浮上。

 

事態を重くみた所長は検証を進め、

岡田晴恵さんへ元データを出すように要求するもそれを無視

 

結論から言うと数、サイトカイン量に基づくことを考えると

提出は可能なわけで、提出できないということは

データがそもそも無い(つまり捏造)か、

著しく歪められて発表された何かであると判断されています。

 

つまりは研究所のトップが指摘しているんだとか。

最低限でも、論文の取り下げはすべきだったのでは?とも。

 

 

まぁ、出る杭は打たれると言いますが

これには岡田晴恵さんも

足元をすくわれたといった感じでしょうか(>_<)

上司の田代眞人と岡田晴恵との関係性は?

今では岡田晴恵さんのbotまでTwitterに現れるほど

メジャー化している岡田晴恵さん。

そのbotがこちら↓

【岡田晴恵さんbot】

そんな岡田晴恵さんの上司で田代眞人さんが

どういった関係なのかと急に浮上してきましたね。

 

田代眞人さんは1948年生まれの

東北大学医学部(偏差値約67.5)卒業。

医学博士であり、自治医療大学教授などを経て

現在は、国立感染症研究所インフルエンザ研究センター長を

務めています。

スポンサードリンク

 


過去にはWHOインフルエンザ協力センター長から、

内閣新型インフルエンザ対等策有識者会議委員会へ、

そして国際インフルエンザ学会理事などを歴任していました。

 

彼の専門はウイルス学や、感染症学です。

わかりにくいですが、一番左が田代眞人さんです。

 

 

岡田晴恵さんとの関係ですが

彼女は多数の書籍を出版しています。

その中の数冊の共著が田代眞人さんなのです。

 

 

 

 

※上の2つのリンクは楽天のページに移動します。

これだけの著書を一緒に書いています。

 

田代眞人さんとは

いわゆるビジネスパートナーといった所でしょうか。

一部では不倫していたとも言われていますがねぇ。

そこの真相は闇の中・・・といった所でしょうね。

岡田晴恵は立場を利用して部下に威圧的なパワハラもあった?

最近ではテレビに出演し過ぎて

やつれたのでは?と心配の声もあがっている岡田晴恵さん。

 

4月中旬以降は

大学があるので出演できなくなるとのことですが。

ここにきてパワハラ疑惑が出ています。

 

本当、出る杭は打たれるんですねぇ(>_<)

ネット上で言われているのは以下の文言です。

  • 「部長は私に逆らえない」と発言し、自身の要求を強引に通す
  • 数千万円の実験器具を自室で独り占め
  • 欲しい研究機材は無理やり購入させた
  • 室長が2代続けて早期退職
  • 論文が問題になった際、調べようにも岡田さんが怖くて無理だった
  • 普段から部員は岡田さんに気に入らないことがあると「クビにしてやる!」との怒号

随分と威張り散らした感が否めませんが

これが本当だったらかなりドン引きしますよね。

 

ましてや「クビにしてやる!」なんて・・・

これ以上にないパワハラです。

 

メディアへの出演で名が知れたからといって

今後、驕ることなく白おう大学教育学部の先生として

もっと真摯に生徒には指導して欲しいですね。

まとめ

今回はコロナの女王と呼ばれる岡田晴恵さんについて

調べてみました。

 

疫病アイドルなどと称されることもありますが

さすがにアラ還では無理がありますね。

 

論文の捏造疑惑であったり

不倫疑惑、パワハラなどありますが

どれも噂のレベルなんですよねぇ。

 

大学が始まれば岡田晴恵さんの

メディアへの出演はなくなりますから

観たくない人たちにとっては幸いですね(^^

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています