プロレスラーとして活躍している

オカダ・カズチカさん。

 

意外とフットワークが軽く

本人役として、ドラマやアニメ(声は別)

などにも出演にもしていましたよね。

 

今回はそんなオカダ・カズチカさんについて

色々と調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

オカダ・カズチカは新日本プロレスのエース

11月で33歳になるオカダ・カズチカさん。

イケメンだし、高身長。

プロレスラーであることを知らなくても

オカダ・カズチカさんのことは、知ってるんじゃないでしょうか。

新日本プロレスに所属してるんですね。

 

史上2番目の若さで(24歳)IWGPヘビー級王座も獲得。

若手とは言えませんが新日本プロレスにとって

エースであることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

 


コロナ禍ということもあり

試合などもやりにくいと思いますが、10月にも試合してますね。

 

彼には「レインメーカー」の名を持っていることから

オカダ・カズチカさんには活躍し続けて欲しいですねぇ~

最近になってやっとプロレス女子(プ女子)も増えたことですしね(^^)

個人的には

三代目J SOUL BROTHERSの山下健二郎さんに似てると思ってますw

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この後0時から! ニッポン放送 『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE』 みんな釣りトーク聴くね!

オカダ・カズチカ(@rainmakerxokada)がシェアした投稿 –

オカダ・カズチカのタイトルやプロフィール

まずはそんなオカダ・カズチカさんのプロフィールやタイトルをご紹介。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チャンピオンなりました! みんなありがとう! Thank you! See you next time!

オカダ・カズチカ(@rainmakerxokada)がシェアした投稿 –

名前:オカダ・カズチカ(おかだかずちか)
ニックネーム:レインメーカー
本名:岡田和睦
出身地:愛知県安城市
血液型:A型
身長:191㎝
体重:107㎏
所属:新日本プロレス

【闘龍門時代】

小学5年生までは安城市に在住。

母の郷里である長崎県五島列島の自然に引かれ1年半の間「山村留学」として

そこへ住み、中学入学と同時に安城に戻ったそうです。

 

中学時代は野球に打ち込み、陸上では100m走愛知県大会で8位を記録。

中学の自己ベストは11.40秒。高校の陸上部からスカウトが来たこともある。

 

プロレスを知ったのは中学時代に5歳上の兄が借りていたプロレスゲームソフト

「新日本プロレス闘魂炎導 BRAVE SPIRITS」がキッカケ。

これを機に新日本プロレスを録画して見るようになった。

 

ですが、新日本プロレスの試合を見ていた時期は短く新日本が暗黒期に入っていました。

「プロレスを好きになって最初は見ていたんですが

新日本がつまらなくなったんです。

格闘技に走ったからそれで見なくなりました」と、魅力が感じなくなったとの事。

 

家がケーブルテレビに入っていて「闘龍門」を見てファンになり

15歳でウルティモ・ドラゴンのプロレススクール「闘龍門」13期生として入門。

親は高校入学を希望するも、性格を熟知していたため結局折れて認めたそうです。

スポンサードリンク

 


オカダさんが入門した頃は練習生で飽和状態だったため、何人か辞めさせるために

過度に厳しい練習メニューを課しており、基礎体力が他に比べて劣っていたオカダさんは

もっと過酷な練習メニューが与えらえ、それが終わると雑用というメニューが待っていた。

 

寮では睡眠時間以外・心身ともに休まらない暮らしを強いられた。

周囲から「やめるか?」と言われましたが、中卒で他に行く所がないと考えていたため

「やめないです!」と意地になっていました。(1度は親に辞めたいと言ったとか)

 

2004年8月29日、メキシコ・アレナコリセオでのネグロ・ナバー戦でデビュー。

その年の12月、ヤングドラゴン杯を制覇します。

2007年5月13日、闘龍門MEXICO「ウルティモ・ドラゴン20周年記念&闘龍門メキシコ10周年記念自主興行
DRAGONMANIAⅡ」アレナ・メヒコ大会に大抜擢。

 

7月22日「ウルティモ・ドラゴン20周年記念興行」にも参戦。

この試合後、「新日本プロレス」に入団することを発表。

スポンサードリンク

 


【新日本プロレス移籍-再デビュー】

 

2007年8月に新日本プロレスへ移籍。

新弟子として基礎体力作りや受け身など1からトレーニングを積み直す。

8月26日、新日本の「LAST OF C.T.U」興行にてプレ再デビュー。

 

2008年4月12日、石狩太一戦で正式に再デビューを果たします。

2009年5月5日プロレスリング・ノアとの対抗戦に抜擢されるも惨敗。

翌6日には新日本での試合も終えた後、天山広吉と共にNOAHに参戦。しかし3連敗。

 

2010年1月19日、TNAへの無期限修行を発表。

1月31日に棚橋弘至を相手に壮行試合を行い、渡米。

2011年1月4日にレッスルキングダムVで後藤洋央紀とのタッグで敗北。

この試合後に再びTNAに遠征し、海外武者修行を継続。

 

2月、グリーン・ホーネットの登場人物である「カトー」を真似た

ギミックである「オケイト」へと変身し、サモア・ジョーの助手として抗争を展開。

5月、新日本プロレスのアメリカツアーのIWGPインターコンチネンタルにも参戦。

 

【レインメーカーとして】

 

2011年12月TNAでの武者修行を経て日本へ帰国。

髪を金髪にし、ファイトスタイルもヒール寄りのスタイルに変化。

「新日本に金の雨を降らせる(入場時に自身の額が入った紙幣をばらまく)」

と豪語し、自らを「レインメーカー」と称した。

 

【タイトル・表彰】

闘龍門時代
・2005年、ヤングドラゴン杯優勝

新日本プロレス時代
・IWGPヘビー級王座5回(第57、59、63、65、69代)
保持期間歴代最長記録保持者。最多連続防衛記録保持者。
最多通算防衛記録保持者
・2012、2014年G1 CLIMAX優勝。最年少記録保持者)
・2013、2019年NEW JAPAN CUP優勝(最年少優勝記録保持者)

プロレス大賞
・2012年、最優秀選手賞
・2012年6月16日、年間最高試合賞
・2013年、最優秀選手賞
・2013年8月10日、年間最高試合賞
・2015年、最優秀選手賞、年間最高試合賞
・2019年、最高試合賞、年間最高試合賞

プロレス界の年収の相場はいくら?

オカダ・カズチカさんのようなメジャー選手と他の人では

多分、年収は違うと思います。

オカダさんはメディアにも出演しているので

その分などは加算されます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

昨日は「週刊朝日」の撮影でした!

オカダ・カズチカ(@rainmakerxokada)がシェアした投稿 –

 

基本的に団体に所属して、そこからお給料として貰います。

グッズなどの売り上げもそこに加算されるでしょう。

ただ、レスラーの収入は非公開とされており収入公開はタブーなんだとか。

 

まず、下積み時代はほぼ無収入。

デビューして最初の年収100万~に色々足された額が売れてない、

人気のない人はこれ以下。

 

皆さんご存じかと思われる「佐々木健介」さんが約3000万

と考えると、その前後が平均的でしょうかね(^^

スポンサードリンク

 


オカダ・カズチカの年収は?

2019年に人気声優の

三森すずこさんと結婚したオカダ・カズチカさん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

😴✨🌙✨🌈

三森すずこ(@mimorin.official)がシェアした投稿 –

 

この時オカダさんは「幸せの雨を降らせる」とコメント。

元々お互いがTwitterで交際を認めてましたしね。

声優もレスラーも人気商売な所があります。

 

オカダ・カズチカさん自身の年収はいくらなんでしょう(。´・ω・)?

何と言っても新日本プロレスのエースですからね。

それまで新日本プロレスを支えていたのは棚橋弘至さん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は #ミラクル9 の収録でした。放送は7/15(水)20:00〜20:54の予定です。 ※関西のみ18(土)14:25〜15:35になります #テレビ朝日 #衣装

棚橋弘至(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿 –

 

この方が年収3000万位と言われてますので

それ以上は貰っているだろうという噂ですね。

億越えとも言われていますが

「レインメーカー」(金の雨)を降らせることを豪語してるので

平均的には5000万前後でしょうが

例えば収入が凄い月は億程度だったのかもしれませんね(*^_^*)

スポンサードリンク

 


オカダ・カズチカの実家は豪邸で愛車はフェラーリとも!

オカダ・カズチカさんは愛知県安城市出身(三河ナンバー)ですが

実家は特別裕福な訳でも、お金持ちでもないようです。

 

父親は農協の職員で、母親は看護師だったようです。

夫婦2人の年収でいけば、およそ1000万前後。

しかしオカダさんは小学校5年生で

母親のご実家である五島列島に「山村留学」していたくらい好きなようです。

 

あっ!お財布があったのは良かったですね♪

そちらも、実家も特に豪邸であるという話はありませんねぇ。

ただ、愛車がフェラーリというの事実です。

父親の影響で車が好きになって父親のフェラーリも借りて乗ってることも。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

父親のフェラーリでドライブ行きました。 #ferrari #308gts #1978

オカダ・カズチカ(@rainmakerxokada)がシェアした投稿 –

自身は2017年に購入しているようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SCUDERIAさんの取材を受けました! 詳細は待つべし! #scuderia #ferrari #スクーデリア #フェラーリ#488 #488gtb #engine #エンジン

オカダ・カズチカ(@rainmakerxokada)がシェアした投稿 –

さすがオカダ・カズチカさんですよねぇ。

父親も軽く超えていきます。

噂ですが、現金で一括で購入という話もありますから

3000万程が自由に使えるのが凄いですね(;^ω^)

まとめ

今回は新日本プロレスのエースである

オカダ・カズチカさんについて調べてみました。

 

元々、自己主張の強い方なんですね。

自分の道は自分で決めるような、そんな感じです。

 

意外と本人役でドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」などにも出演したりと

忙しいイメージがあります。

 

現在ではプ女子も増えましたし

現役で頑張れるだけ、頑張って欲しいですね♪

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています