今日、文部科学省の局長の佐野太容疑者が、私立大学の「東京医科大」への支援事業をめぐって、受験した自分の子どもを不正に合格させたとして、受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

 

理由としては、彼の子供を東京医科大学に有利に入学させる見返りとして政府から補助金を優先的に出して支援せようとした。というもの。

 

東京医科大学の受験時に佐野太容疑者の子供の点数を不正に加算させて合格させてもらったという事で、入学が決定的になったんですが、この事件が明るみに出たことで、白紙に戻りました。

スポンサードリンク

さらに受託収賄容疑で佐野太容疑者もついでに逮捕されました。

 

そこで、佐野太容疑者の子供の名前や顔画像はあるのか。そして、佐野太容疑者が子供の裏口入学をさせた東京医科大へのとんでもない見返り金額はいくらなのか、調べてみました。

佐野太(文科省局長)が東京医科大への受託収賄容疑で逮捕

現役の文部科学省の局長の佐野太容疑者が、東京医科大への関係者から文部科学省が推進する「私立大学研究ブランディング事業」の対象校にさせるように働きかけられたそうです。

 

それに答えた佐野太容疑者は会社役員の谷口浩司容疑者を通じて、東京医科大学へ便宜を図る見返りに、この大学を受験した自分の子どもを不正に合格させたとして受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

 

という流れです。何とも古い手口で犯罪を犯してくれたもんですね。この官僚は天下り時代の負の遺産ともいうべき官僚という人物でもあるらしいですよ。

 

大昔に芸能人の「なべおさみ」さんが息子さんの「なべやかん」さんを明治大学に裏口入学させたことが話題になっていましたが、今回の事件もこんな感じですよね。

スポンサードリンク

 


なべやかんさんの時は「明治大学替え玉受験事件」だったので、ちょっと意味合いが違うかと思いますが、やってる事は同じですね。

佐野太の経歴・略歴や学歴

それでは佐野太の経歴・略歴などの見てみましょう。

名前:佐野太(さのふとし)
生年月日:1959年
年齢:58歳
出身:山梨県甲州市
出身校:日川高校
出身大学:早稲田大学理工学部

彼の出身校である山梨県の日川高等学校を調べてみましたが、この高校は部活動が体育局や文化局などに分かれていて、沢山の部活動がありますね。

 

この高校は沢山の大学の推薦があるようで、有名な大学も結構あるようです。

  • 青山学院
  • 武蔵野大学
  • 明治大学
  • 早稲田大学
  • 聖マリアンナ医科
  • 日本大学
  • 法政大学

など、あの悪名高い「日本大学」もこの学校の推薦先になっているようですね。

 

これらの大学の推薦先の高校ということで、偏差値が高い高校なんでしょうね。ということで調べてみたら、大体53~55ぐらいでいたって平均的な高校みたいでした。

スポンサードリンク

 


そのなかで、「情報技術研究部」がありました。もしかしたら彼はこの部活動に入っていたのかもしれませんね。

早稲田大学を卒業した後は文部科学技術庁に入庁していたので、将来ここに入るために勉強していたのかも。

 

高校や大学を卒業した後の略歴です。

  • 1983年:早稲田大学理工学部 卒業、同大学院理工学研究科 修了
  • 1985年:科学技術庁 入庁
  • 1991年:科学技術庁 原子力局政策課長補佐
  • 1993年:米国スタンフォード大学 留学(経済政策研究センター)
  • 1996年:外務省 在連合王国(英国)日本大使館一等書記官
  • 2000年:科学技術庁 科学技術政策局企画室長
          内閣府 科学技術政策担当大臣(笹川堯、尾身幸次)秘書官
  • 2002年:文部科学省 大臣官房評価室長
  • 2004年:早稲田大学 客員教授(非常勤)
          文部科学省 高等教育局主任大学改革官(教員養成担当)
  • 2005年:文部科学省 高等教育局私学部参事官(私立学校法人担当)
  • 2006年:文部科学省 研究振興局 研究環境・産業連携課長
  • 2007年:山梨大学 学長特別補佐/教授
  • 2008年:山梨大学・副学長
  • 2018年:文部科学省局長

現在の役職は「文部科学省局長」という地位にいましたが、この問題で一気に転落しました。

スポンサードリンク

 


しかし、これだけの経歴を持っていたんですね。キャリア官僚というべき人物ですね。

佐野太の子供の名前や顔画像はある?

東京医科大への自分の子供だけを有利に入学させるための裏口入学ともいえるべき事をしてしまった佐野太容疑者の子供さんは今どんな心境なんでしょうかね。

 

彼の名前やどんな人物なのか、顔画像などをツイッターやフェイスブックなどのSNSやインスタがないかを調べてみましたが、アカウントは無いようですね。

 

他のSNSも調べてみましたが、一般人ということでこちらもないようでした。

東京医科大へ裏口入学させた方法と見返り金額が半端ない!

大学は特殊な研究をする大学に対して政府が「私立大学研究ブランディング事業」として、経常費や設備費などを最長5年間支援するという助成金を受け取ることができる制度なんですが、東京医科大はこの制度を有利にしたいがために、文部科学省の局長の佐野太容疑者に話を持ちかけていました。

スポンサードリンク

その話を受け取った佐野太局長は優先的に助成金を出す代わりに、東京医科大の受験を受けた自分の子供に試験の不正に点数を上乗せして合格させた。

 

ということでした。

 

「私立大学研究ブランディング事業」の対象高は、その事業名によって助成される年数が決まっているんですが、東京医科大の事業では5年間となっていました。

 

この助成金の対象になっている場合は1年間あたり、政府から2000万円から3000万円まで支給されるそうです。

 

で、東京医科大は去年はなぜかそれを越える3500万円の助成を受けていたらしいです。

 

研究費とはいえ年間に支給されるこの助成金がとんでもない金額ですよね。研究費に莫大な費用が掛かる大学は是が非でも、助成金は欲しいはずです。

 

ということで、東京医科大の関係者は佐野太局長「何とかなりませんか?」と話を持ちかけたわけです。

スポンサードリンク

佐野太局長の子供を無条件で入学させる見返りに、5年間は数千万円の金額をもらえることになるわけですよね。

 

もし最大の3000万円が5年間の間支給されるとなると1億5000万円支給されることになるわけです。

 

これが本当に行われていたとしたら、国民の税金を自分の都合のためだけに使ったということで許せませんね!

まとめ

まあこの問題は、警察や他の大学宿院などがしっかり追及してクリーンにして欲しいと思います。

 

佐野太容疑者と、その息子さんもしっかり反省して欲しいですね。

 

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています