佐藤タカヒロ 経歴・学歴 死因 嫁 子供 鮫島連載

今月の7月3日に出版社の秋田書店の公式ホームページで漫画家の佐藤タカヒロさんが亡くなったと、突然発表されました。

 

あまりにも突然なことだったので、非常にびっくりしています。

 

というのも佐藤タカヒロさんは先月まで元気いっぱいに活動をしていらっしゃったし、亡くなる前日まで元気だったというじゃないですか。

スポンサードリンク

 


それがなぜ今日(3日)になって突然息を引き取ってしまうようなことになってしまったのか。

 

全く持って謎のままなんですね。今回は佐藤タカヒロさんはなぜ突然死してしまったのか。

 

残された家族はどうなるのかなどについてまとめてみました。

佐藤タカヒロさんの経歴・学歴や顔画像など

まず佐藤タカヒロさんのこれまでの経歴と学歴を紹介

佐藤タカヒロ 経歴・学歴 死因 嫁

名前:佐藤貴宏(さとうたかひろ)
ペンネーム:佐藤タカヒロ
生年月日:1976年7月24日
出身地:山形県酒田市
職業:漫画家

佐藤タカヒロさんは高校卒業後、仙台デザイン専門学校で「まんがコース」に進学したようですね。

 

彼が通っていた高校はわかりませんでしたが、卒業後は大学へ行かずに漫画の世界に行くべく仙台デザイン専門学校に入ったみたいです。

スポンサードリンク

 


そこで漫画についての技術を身に着け、2000年に週刊少年チャンピオンの新人まんが賞・準入選を受賞しています。

 

彼は秋田書店が発行する「週刊少年チャンピオン」で2004年から2006年にかけて彼の処女作の柔道漫画『いっぽん!』を連載開始。

 

そして2009年からは2作品目で現在連載中の「鮫島、最後の十五日」と同じジャンルの相撲漫画「バチバチ」を連載することに。

 

この相撲漫画の『バチバチ』は、読者からの評価が高かったのか二度に渡る改題を経て約9年以上の長寿命の連載となりました。

 

そして現在もまだ連載途中の漫画「鮫島、最後の十五日」があります。

 

佐藤タカヒロさんが執筆したこれまでの作品リストは、

  • いっぽん!:全14巻
  • バチバチ:全16巻
  • バチバチ BURST:全12巻
  • 鮫島、最後の十五日:現在も連載中、既刊18巻

の4作品です。

 

また彼の地元の新聞紙には、佐藤タカヒロさんは「佐藤博信酒田レンタル代表取締役の兄」との情報もありました。

スポンサードリンク

 


彼は漫画家でありながら酒屋さんの主人でもあったかもしれませんね。

 

という事は、お酒の方も結構いける口だったんでしょうかね。

 

彼は先月まで元気でぴんぴんでツイートも普通に更新されていたのにも拘らず、突然亡くなられたわけですが、あまりにも突然の事なので原因について色々と憶測が飛び交っているようです。

佐藤タカヒロさんの死因は病気?

佐藤タカヒロさんがお世話になっていた週刊少年チャンピオンの出版元の秋田書店の公式ページでは

平成30年7月3日未明、
週刊少年チャンピオンにて『鮫島、最後の十五日』を連載中の
佐藤タカヒロ先生が永眠されました。
享年41でした。

ここに生前の読者の皆様のご愛顧に深謝し謹んでお知らせ申し上げます。
編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、先生の作品を読み、
心を震わせることができたことを幸せに思いながら、
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。

出典:秋田書店

と綴られていただけで、詳しい原因は公表されていません。

 

先月までツイッターなどではほかの読者らとのやり取りが普通の会話みたいにツイートされていたので、雰囲気はいたって日常な感じでした。

普通は何らかの病気を患っていたり、精神的にストレスを抱えていたりしたら、何気ないツイートでも普段とちょっと違うなと感じるはずです。

スポンサードリンク

 


しかし、佐藤タカヒロさんツイッターでは亡くなる直前までリツイートしてて、会話の内容も別に不審な点はなく、普通でした。

https://twitter.com/hikari_sumi/status/1013757863783591936

彼は忙しい漫画家生活をしていたので、少しは執筆することのストレスもあるでしょうが、人生に思いつめるような素振りもなかったし、結婚して嫁さんもいるので自らの命を絶つようなこともないはずです。

 

という事は、ここから考えられる死因として何らかの病気説が可能性としては高いんじゃないかと思います。

 

その病気説として一番可能性が高いのは突然死じゃないかと思います。

 

突然死の代表格といえば心筋梗塞」、「くも膜下出血(脳溢血)」、「脳梗塞ですね。

 

これらの病気がもしかしたら、佐藤タカヒロさんの気づかないところでじわじわと襲ってきていた可能性があるんじゃないかと思います。

結婚した嫁や子供はいる?

佐藤タカヒロさんは地元新聞紙の中で書かれていたんですが、どうやらご結婚されていたようです。

スポンサードリンク

子供さんについては一切情報がなかったので、1人ぐらい子供さんがいらっしゃるかもしれませんね。

 

彼の奥さんの名前は「奈々子」さんと言うそうで、年齢はわかりませんでした。

 

彼の葬儀には奥さんの奈々子さんが喪主となって家族の中でささやかに行うそうです。

連載中の「鮫島、最後の十五日」はどうなるの?

まだ現在も連載中の中での事だったので、出版元の秋田書店も動揺を隠せないようです。

 

しかし、鮫島、最後の十五日を書ける人は佐藤タカヒロさんしかいないので、「サザエさん」や「クレヨンしんちゃん」みたいに他の作者が途中からの話を書けるわけでもありません。

 

そのようなことから、この作品は週刊少年チャンピオンの33号掲載分を最後に連載を終わるそうです。

スポンサードリンク

ちょっと悲しい形での連載終了となってしまい、亡くなられた佐藤タカヒロさんも悔しい思いをしていると思います。

まとめ

つい先月まで元気だったのに突然こういうことになってしまって、衝撃が走りました。

 

普通に元気に活動しているのに急に突発的な感じで亡くなったので、佐藤タカヒロさんの死因は「くも膜下出血」などの血液の病気ではないかと思えてなりません。

 

漫画かはえてして不規則な生活に陥りがちになりますが、彼の場合は新聞報道から「佐藤博信酒田レンタル代表取締役の兄」とも書かれていたので、漫画家をやりながら、お店を切り盛りしていたと考えられます。

 

という事はただでさえ不規則な生活になりがちの漫画家に加えて、お店を切り盛りという事もしていたとするならば過酷な環境に置かれ、相当体を酷使していたとも考えれます。

 

もしかしたら、それが原因で佐藤タカヒロさんは突然死されたのかもしれません。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています