日本大学と関西学院大学が2018年5月6日にアメリカンフットボールの51回定期戦を行いました。

 

この時に日大の選手が相手チームの選手に悪質なタックルを仕掛けたことで、選手生命を奪いかねないスレスレの怪我を負わせたことで、スポーツ界をはじめ世間から大批判を受けています。

 

なぜこのような事をしたのか。

またこの行為は日常的になっていたのか。

スポンサードリンク

選手はみんな容認していたのか、などなど日大アメフト部の品格が問われるようなこの問題。

 

ニュースでは監督の指示だったという事ですが、内田正人監督について調べてみました。

悪質タックルの模様

日大が相手チームの関西学院大学に悪質タックル仕掛ける動画が公開されています。まずはその模様をどうぞ。

この動画を見てみると、明らかに選手の不意を突いて、後ろから猛烈な勢いでタックルを仕掛けてきていることが分かります。

 

体が大きくてガタイのいい人間が無防備な背中からいきなり突っ込まれたりしたら普通の人は簡単に遠くまで吹っ飛ばされるか、最悪の場合は致命的な脊髄損傷の怪我をも負う事になるでしょう。

 

相手選手は幸いにも足の怪我で済んだようですが、それでもこの悪質タックルは当たり所が酷かったようで、痺れを起こしているようです。

スポンサードリンク

 


悪質なタックルをした選手は宮川泰介

アメフトは両チーム同士が真正面から正々堂々と戦う激しいスポーツで、怪我は日常茶飯事な物なんですが、今回は明らかに相手の不意を突いた卑怯なタックル行為で怪我を負わせてしまいました。

 

相手チームにケガを負わせた日大の選手は「宮川泰介」選手なんですが、動画を見てみると他にも悪質なタックルをしていた選手がいるようです。

 

この世な行為は日常的にやっていたのか。日大の内田正人(監督)は、どうやらこのタックル行為を裏で指示していたようで、監督としての責任問題も出ています。

 

もしこれが本当なら、監督としての責任を受けて辞任するか、日大アメフト部から追放処分にすべきであると感じています。

スポンサードリンク

 


でもいくら監督から悪質タックルをやれ!と言われても、普通は拒否するのが当たり前です。将来プロを目指してスポーツをやっている人は誇りを持ってプレーしているはずです。

 

相手選手にケガを負わせた宮川泰介選手はスポーツ選手としての誇りなどなかったんでしょうかね。それとも拒否することで監督に怒られるから怖かったとか。そんな感情を持ってたんでしょうか。

 

どちらにせよ、プレー中にわざと悪質なタックルを仕掛けてケガを負わせた宮川泰介選手は、スポーツ選手としての誇りはかけらも持っていないんでしょうね。

悪質タックルは内田正人(監督)の指示だった!

日大の内田正人監督はこんなことを言っていた増した。

 

「力がないから厳しくプレッシャーを掛けている。待ちではなく、攻めて戦わないと。選手も必死。あれぐらいやらないと勝てない。」

 

まあ、相手チームより能力が格下の場合だったら、「このくらいの意気込みでやらないと相手チームには勝てないぞ!」とハッパをかける意味で声掛けしてるとしたら分かるんですが、日大の選手たちはこの内田正人監督の発言をどう捉えていたかですよね。

スポンサードリンク

 


普通だったら、この監督からの気合の入った言葉を聞いたら、やる気を出して点を取りに行くと思うんですが、今回の場合は明らかに違う方向に行ってしまい、スポーツ選手としてはあってはならない行為に出てしまいました。

 

この指示を出した監督は現在マスコミに一切出ていないので、明らかに後ろめたい事をやってしまったという思いを持っているんでしょう。

日大アメフト部は当面の間アメフト界から出禁を言い渡されました。内田正人(監督)の処分も恐らく重いものとなるでしょう。

スポンサードリンク

 


ツイッターの反応

https://twitter.com/Eggplant_GDB/status/967299601496592389

まとめ

今後の日大アメフト部の是非と、内田正人(監督)の処遇がどうなるか見ものです。

 

こんなスポーツとはかけ離れた行為は絶対にやってはダメですね。相手は真剣にやっているのに、このような事はスポーツに対する冒とくだと思います。

 

相手チームも後遺症が残るくらいにわざと怪我をさせられたんだから、損害賠償請求を行ってもいいぐらいです。

 

日大のアメフト部はなくならないかと思いますが、悪質なタックル行った選手や内田正人(監督)はアメフト界から追放処分にすべきですね。

 

スポンサードリンク

 

こんな記事も読まれています