日本ボクシング連盟の会長、「山根明」がこれまで数々の不正を働いいていたようです。

 

このことを問題視した都道府県連盟の幹部や、元ボクシング選手、またはそれらの関係者合わせて333人もの人が日本オリンピック委員会JOC)や日本スポーツ協会に対して日本ボクシング連盟を資格停止処分させるべきだ!

スポンサードリンク

ということで28日に告発状を送ったようです。告発人の一人は「公正な連盟にする上で必要」と話している。

 

この日本ボクシング連盟を牛耳っているといっても過言ではない山根明とはどんな人物なのか。

 

また、彼の経歴や今回の不正のやり口が日大とかなり似ていることから、もしかしたら日大と何か深い関係性があるのではないかと思っているんですが、この辺について調べてみました。

山根明の経歴・学歴などwikiプロフィール

まずは疑惑の山根明終身会長のプロフィールをご紹介!

本名:山根明(やまねあきら)
出身地:大阪府堺市
生年月日:1939年10月12日
年齢:78歳
現在の役職:日本ボクシング連盟会長
職業:日本大学客員教授

彼個人のプロフィールはwikiになかったようなのでwiki風に書いてみました。

スポンサードリンク

 


山根明は日本ボクシング連盟の権力がすべて山根明氏に集中しているということで、権力の象徴のような存在なようです。

 

なんだか、この体質って日大の田中理事長とそっくりですね。

山根明会長の本当の国籍は韓国人?

山根明と聞いて、ピンと来た人は少ないかもしれませんが、彼の名前は漢字で3文字ですよね?

 

例外はままありますが、大体日本人の名前は普通だったら「山田太郎」とか4文字がベターだと思います。

 

しかし彼の名前は「山根明」で3文字。この3文字は韓国人に多い字数のようです。そこで彼の名前について以前調べた人がいたようで、その人の記憶によると

 

彼の韓国名は「文甲明」で出身が「韓国釜山市出身」だそうなんです。

スポンサードリンク

 


で、国籍はもちろん韓国ですが、いつから日本に渡ったのかは分からないようですが、日本に来た後に帰化したと聞いていたようです。

 

彼のウィキペディアがないので、真偽のほどは分かりませんが、このコメントをしている人は結構な有力人物なので、本当の話じゃないかと思われます。

 

という事は、彼の息子や孫は在日韓国人という事になりそうですね。

出身高校や大学は?

山根明が通っていた高校や大学など調べてみましたが、これといった情報は出てこなかったようです。

 

ただ、彼は日大との繋がりがかなり深い感じのようで、もしかしたら高校・大学は日大関連に通っていたなんて推測されるんじゃないかと思います。

妻や息子・娘など子供はいる?

山根明氏は結婚していて子供がいるそうですが、その人は息子さんでボクシングのセコンドをしていたようです。

 

ただのこの方は、ボクシングの知識がないにもかかわらずにセコンドをしていたことで、今回の助成金を不正流用した問題で、直接指名は避けたものの、「そろそろ潔く辞めましょう」と山根明会長に追及した、あの村田諒太選手

スポンサードリンク

 


何でこんな素人がセコンドに就くねん!」とセコンドについた山根明氏の息子について憤慨していました。

 

ボクシングについて何の知識もない人間がセコンドに就くのさえ異常なのに、そのような人物がセコンドにつけたというのは日本ボクシング連盟のドンの山根明氏の威光に他ならないですね。

不正流用された助成金がおもてなしに?その内容が酷い!

日大の田中理事長に向けて行われたおもてなしの内容が公開されていました。

 

その内容もみると、これでもか!と色んな食材が出されていて唖然としました。

 

もしこれが不正流用された助成金の一部だったとしたら、かなり許せないですね!

 

その内容がこれです。

スポンサードリンク

不正流用された助成金が孫の口座へ振り込まれていた可能性も!

なんと不正流用された助成金の一部が山根明氏の孫の口座に振り込まれていたというという疑惑も浮上しているようです!

 

これは山根明会長が2016年のリオデジャネイロ五輪にボクシング男子ライト級で出場した成松大介選手対して日本スポーツ振興センターが2015年に交付した助成金240万円を他の2人の選手と分けるよう指示していて、1人当たり80万円にされてしまった問題で、

 

この時に山根明会長がその3人に振り分けられた助成金の一部を、山根会長の孫娘の口座に振り込ませていた疑惑もあるそうなんです。

 

まだこれの事実確認はとれていないらしいのですが、そのような疑惑も同時に持ち上がっているそうです。

スポンサードリンク

もしこれが本当だとしたら、山根明会長はもはや逮捕されるべきほどの問題を犯していることになりそうですね。

日大との関係がかなり深い?

日本ボクシング連盟を私物化しているといわれている山根明氏ですが、実はこの人あの悪名高い日大の幹部ともかなり深い繋がりがあるようで、なんと日大の田中理事長ともとても親しい仲なようです。

 

その日大の田中理事長と深いつながりのお蔭なのか、連盟会長の山根明氏は2018年3月16日に日大の客員教授になることが決定されたようです。

 

それと、この画像にもあるように日大危機管理部の特任教授にもなっているようです。

スポンサードリンク

あの騒動でとんでもなく無能な体たらくを曝け出したあの日大危機管理部の特任教授ということで、彼はあの時はどんな対応をしていたんでしょうかね。

退任の可能性は濃厚?

今回の助成金流用の不正疑惑で連盟会長の山根明氏は日本ボクシング連盟の会長かた退くべき!

 

と退任を要求しているんですが、彼は退任する意向はさらさらないようです。

 

なぜかというと、333人から出された告発状と真っ向から対立する姿勢を持っているようです。

スポンサードリンク

その一つに「日本ボクシング連盟」のサイトにこのようなコメントが載せられました。

 

一般社団法人日本ボクシング連盟

ご 報 告

 この度,TV局,新聞等において,当連盟に対する告発状がJOC等に提出されたとの報道がなされております。この様な事態になり,アマチュアボクシングファンの皆様,選手の皆様,関係者の皆様に,多大なご迷惑をおかけしたこと,まずお詫び申し上げます。
 
 しかしながら,告発状記載の事実関係については,事実と異なる部分が多くあり,そのため,一連のマスメディアにおける報道も,正しい事実関係を反映しているとは言えません。
 今後は告発状に対するJOC等の判断を待って,当連盟としての方針,対策を講じていく所存です。

 なお,既に告発状が提出されております。従いまして,同手続に与える影響を鑑み,今後,具体的な説明については,専ら,告発手続の中で行っていくことになりますので,その旨ご容赦下さい。

 以  上

引用元:日本ボクシング連盟

このようなコメントから、山根明氏はこの問題について潔く反省しているような態度が見られないばかりか、逆に噛みついてきてる感じなので、この問題は、日大のようにまたかなり長引くんじゃないかと感じていますね。

ネットの声

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています